これでバッチリ!小さい財布の選び方|小さい財布のバリエーションや使いやすさのポイントも詳しく解説

limo(リモ)ヴィトロ/アンティークルビー

あると便利な小さな財布は日常使いに最適ですが、バリエーションが多くどのような財布が使いやすいのか分からないという方が多いのではないでしょうか。


キャッシュレス決済が当たり前のようになり、大きな財布は持ち運びにも不便です。


今回はミニバッグとも相性が良い小さい財布の選び方やバリエーション、使いやすさについて詳しく解説しましょう。


あまり荷物を持ちたくない方や小さい財布を探している方も参考にしてくださいね。


財布をスマートに使いたいなら小さい財布がおすすめ

ベル・ヴィトロ

毎日持ち運ぶ財布だからこそ、使いやすいこだわりぬいたものを選びたいものですが、一口に財布といっても大きさはさまざまです。


素材も大事ですが、毎日使うものだからスマートで場所を取らない財布がおすすめ。


例えば同僚とランチに出かける際に大きな財布をバッグから取り出すのは気が引けませんか?


大きな財布だけ持って歩いているのは危険ですが、小さな財布ならポケットなどにも入るため安心。


また、キャッシュレス化が進み現金を持ち歩く必要がなくなっているので小さな財布をメインとして使うのもおすすめです。


小さい財布がおすすめな理由は?

ワルツ・ハッピーヴィトロ・キャトル

男性も女性も以前のように大きな財布ではなく、持ち運びが手軽な小さい財布が人気です。なぜ小さい財布の需要が高まっているのでしょうか?


ここでは小さい財布がおすすめな理由を解説していきます。今まで小さい財布に関心がなかった人も参考にしてくださいね。


キャッシュレスで持ち歩くカードが少なくなっている

limo(リモ)ヴィトロ・アンティークルビー

小さい財布の人気に火が付いた最大の理由はキャッシュレス化が進んだことにあります。


スマホさえあれば現金を持ち歩かなくても決済ができるようになった現代。決済方法もさまざまでクレジットカード決済や定期券もスマホ1つで完了できるのです。


現金をたくさん持ち歩く必要がなくなり、クレジットカードも必要なくなったら大きな財布はいりません。


外出の際に金融機関に行ってわざわざ現金を出金する手間も不要。


また、アプリ機能を使った決済なら店舗やクレジットカードのポイントが貯められ、貯まったポイントで買い物やマイレージなどライフスタイルに合わせて幅広い有効活用ができます。


こうした手軽さからもう大きな財布を持ち歩く必要もなく、小さな財布の需要が加速しているのです。


意外と機能性が充実した小さい財布は少なくなかなか見つかりません。しかし、ATAOならお気に入りの一品が見つかりますよ。


▼こちらの画像で使用されている商品はこちら▼

limo(リモ)ヴィトロ・アンティークルビー

limo(リモ)ヴィトロ・アンティークルビー

29,000円(税込31,900円)

 

長財布より軽く、持ち運びに便利

次に小さい財布が人気な理由として長財布より軽くて持ち運びに便利だという点です。


長財布だと手持ちのバッグに入り切らないこともあります。財布を入れるためにわざわざ大きなバッグを用意するのは面倒ですよね。


また、長財布だとお会計の時に所持金が見られてしまったり、財布を広げたりすればカードなどが見えたりしてしまうこともあります。


長財布に比べ小さい財布なら手に収まるサイズもあり、人目を気にせず持ち運びに便利。


クラッチバッグやポケットに入れることができるのでかさばらず、日常使いにもおすすめです。


小さい財布のバリエーションが知りたい!

ワルツ(ケリー)

機能性が優れている小さい財布には、どのようなタイプがあるのかご存じでしょうか?


ATAOの財布ならコンパクトでバリエーションが豊富で、さまざまなシーンにも対応できるため1つあるとなかなか便利です。


それでは豊富な小さい財布のバリエーションについてみていきましょう。自分に合った財布が見つかるかもしれません。


二つ折りタイプ

二つ折りタイプの財布はデザインとファッション性で人気のアイテムといえます。


二つ折り財布ならカードの枚数も限られるという点がデメリットのように感じる方もいるかもしれませんが、実際外出して全てカードを使うでしょうか?


スマホにもクレジットカード機能が連携できるのでカードそのものを持ち歩く必要はありません。


ポイントカードも同じようにスマホと連携させているところも多く、カードを持ち歩くことで余分な買い物をすることもありません。


また、二つ折りタイプの財布では財布がパンパンにならないように小銭の管理がどうしても必要になり、今まで以上に財布の中身を自分できちんと管理できるようになります。


長財布に慣れた人も二つ折りタイプにすれば不要なレシートの処分も進み、何年も使っていないカードも断捨離できるでしょう。


三つ折りタイプ

ワルツ(ハッピーヴィトロ)

三つ折りタイプの財布は二つ折りに比べてサイズは小さくなりますが、収納力は見た目以上です。


カードポケット・フリーポケット・定期券など分けて収納でき、小銭も取り出しやすくデザインされたものもあります。


そして三つ折りタイプの財布の魅力は手のひらサイズというコンパクトさにあります。ズボンやコートのポケットにすっぽり入るので外出しても邪魔にならず気になりません。


スリムタイプ

スリモ・ヴィトロ/ロージーラベンダー

スリムタイプの財布の魅力は小さなバッグやポケットに入れて、手軽に持ち運べる点です。


容量が小さいこともありカードや現金がたくさん入りませんが、財布の中を整理しやすく、お金の管理もできるため衝動買いが減り節約につながります。


カードといっても常時使うものは限られているはずなので、この際カードを整理してみてはいかがでしょうか。


ミニマリストが増えてバッグも薄型タイプが増えています。こうしたバッグは小さな財布と相性が良く収納にも便利。


神戸のバッグブランド「​​ATAO」には上品なキャッシュレス財布があります。


ATAOの「slimo(スリモ)」は薄く、バッグに入れてもかさばらずスマートに持てるのが特徴。


ATAOの財布のバリエーションをチェック!

▼こちらの画像で使用されている商品はこちら▼

スリモ・ヴィトロ/ロージーラベンダー

スリモ・ヴィトロ/ロージーラベンダー

27,000円(税込29,700円)

 

小さい財布は使いづらい?

小さい財布

※こちらの商品はATAOの商品ではございません


これまで長い大きな財布を使ってきた人には小さい財布は使いづらいと感じるかもしれません。


いつもカードをいっぱい入れている人は小さい財布に替えると不安になる人もいるでしょう。


小さい財布が使いづらいと感じるのはお札を多く入れたり、カード類をたくさん入れたりしているから。


日常使うカードは数枚のはず。また、小さい財布だと、お札があまり入らないというイメージがありますが、スマホ決済ができるなら余分な現金を持ち歩く必要もありません。


財布の中身を整理して必要最小限にすれば小さい財布でも十分。


このように小さい財布でも見た目以上に重宝するのが分かれば、まさに目から鱗といえます。


手作業で仕立てた上品なデザインで、しかも長く愛用できるATAOの小さい財布はキャッシュレス化がどんどん進むこれからの時代には欠かせないアイテムです。


小さい財布の使いやすさは何で決まる?

財布を持つ女性

※こちらの商品はATAOの商品ではございません


種類が豊富な小さい財布ですが、使いやすさはそれを持つ人によっても異なります。ここでは小さい財布の一般的な使いやすさに注目して解説していきます。


大きい財布にない小さい財布の機能性を知れば、一度手にしてみたいと思うかもしれません。


カードケースがアコーディオン式

蛇腹のように見えるアコーディオン式のカードケースならカードを多く持ち歩く人には便利です。


口が大きく開くので欲しいカードがすぐに見つかりお会計の時になって慌てる必要がありません。


ただし、カードを多く入れるとケースに厚みが出てかさばるため、必要最低限のカードだけ入れるようにしましょう。


余分な仕切りがない

小さい財布は内側に仕切りがあり、お札と小銭を分けて収納できますが、仕切りが増えすぎると厚みと重さが出るといったデメリットがあります。


そのため小さな機能性に優れた財布には必要最小限の仕切りしかありません。


仕切りが少ない分、財布が薄くなり持ち歩くのもかさばらないといったメリットがあります。


コインケースが大きく開く

アミュレット・ヴィトロ

手のひらに収まる小さい財布はポケットだけでなくバッグに入れても邪魔になりません。


一方、大きな財布はお札を入れるのには便利ですが小銭が出しにくく、人によっては小銭入れを別に持つことがあります。


しかし、コインケースが大きく開く小さい財布なら小銭も出しやすいですね。お会計で小銭を探して慌てる人を見かけますが、コインケースが大きく開く小さい財布なら安心。


後ろで並んで待っている人に気を遣わなくてすみますよ。


▼こちらの画像で使用されている商品はこちら▼

アミュレット・ヴィトロ

アミュレット・ヴィトロ

36,000円(税込39,600円)

 

これでバッチリ!小さい財布の選び方

限定「ボタニカルシリーズ」(limo/slimo)

小さい財布にはいくつもの魅力があります。ここでは自分に最適なアイテムを選ぶポイントについてまとめておきます。


▼こちらの画像で使用されている商品はこちら▼

限定「ボタニカルシリーズ」(limo/slimo)

限定「ボタニカルシリーズ」(limo/slimo)

25,000円(税込27,500円)/23,000円(税込25,300円)

 

サイズは普段持ち歩くお金やカードの量にあわせて

キャッシュレス化が進み電子マネーやICカードなどを使った決済が広がっています。スマホにアプリをダウンロードすればポイントカードも持ち歩く必要がありませんよ。


一度財布の整理をしてみてはいかがでしょう。その上で財布を選ぶ際は自分がいざとなった時にどれくらいの現金があれば良いのか、いつも決まって使うカードは何枚かなどで選びましょう。


普段お会計はほぼスマホという人や荷物もできるだけコンパクトにしたい人なら小さな財布がおすすめです。


せっかくのお出かけ、スマートに、身軽に動きたいですよね。


メインウォレットとして使えるものを

waltz rook(ワルツ ルーク)

小さいながらもメインウォレットとして使える商品としてATAOのミニウォレット「waltz rook(ワルツ ルーク)」は、職人が手作業で仕立てている希少なアイテム


パイソン・牛革・エナメルの3タイプの素材を組み合わせたミニサイズの財布です。


現代のライフスタイルに合わせたミニ財布なら新しいスタイルにチャレンジできそうです。


ぜひこちらから、ATAOの小さい財布をご覧ください。


ATAOの財布を見る

 

自分にぴったりの小さい財布を探しているなら

ミニlimo(リモ)

キャッシュレスの普及で小さい財布が注目されています。ミニ財布は単に小さいだけでなくミニバッグと一緒に持つとすっきりとしておしゃれです。


自分にぴったりなシンプルで使いやすい小さい財布を探しているならATAOの機能性重視のミニ財布はいかがでしょう。


三つ折り財布をはじめ長財布をハーフサイズにカットした人気商品「ミニlimo(リモ)」は最小限のお金とカードしか持ち歩かないミニマリストにおすすめです。


ミニ財布2個持ちも可能でミニバッグに2つすっきり入れることだってできます。


ATAOなら豊富なバリエーションからお好きな財布が選べます。しかもデザイナーと職人が打ち合わせを重ねて作り上げた逸品揃い。


使えば使うほど愛着が深まりバッグの中にある財布を見るのがちょっとした楽しみになるでしょう。


自分にぴったりの小さい財布をお探しなら、ぜひ一度ATAOの財布をご覧ください。


ATAOの財布から自分に合ったものを探そう

 

小さい財布と一緒なら足取りだって軽くなる

ワルツ(ベイビーチーク)

ライフスタイルの変化にともない財布も小型化が進みニーズも多様化しています。お気に入りの小さい財布を見つけても、大きな財布に慣れていると小さい財布に替えるのは勇気が必要です。


でも毎日を快適に過ごしたい、そんな現代人におすすめなのは普段使いの財布を一度コンパクトなものにしてみること。


ちょっとそこまでお出かけしたい時、バッグに入れてもかさばらない小さい財布なら自然と荷物も減らせ足取り軽く出かけられますよ。


色違いの小さい財布をいくつか揃えて、その日の気分で洋服と同じようにコーディネートすれば女性らしさが演出できて、周囲からもきっとおしゃれに敏感な人だと思われるでしょう。


神戸発のブランド「ATAO」はミニ財布をはじめバリエーション豊富なアイテムを揃えています。素材・カラー・使い心地など実際に手にとってお確かめください。


毎日持ち歩く、出し入れが頻繁な財布だからこそ、あなたのライフスタイルや使い勝手に合ったアイテムを選ぶことが大切です。

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。