日帰り旅行にぴったりなバッグが知りたい!旅行バッグのタイプや必要な容量・選ぶポイントも解説

オールデイ

休日の楽しみの1つに「旅行」を挙げる方もいるでしょう。日常から離れて新たな発見ができる旅行は、心のデトックスにもなりますよね。

普段とは違う世界に足を運ぶせっかくの機会、お気に入りのバッグとともにお出かけしたいと考える方も多いはずです。

しかし、旅行バッグと一口にいってもさまざまな形状があり、どのように選んだらよいか分からない…とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、旅行バッグのタイプや必要な容量・選ぶポイント・日帰り旅行に適したバッグを解説します。


日帰り旅行にぴったりなバッグが知りたい!

アップル

限られた時間の中でアクティブに過ごしたい日帰り旅行。荷物の出し入れのしやすさや収納力は旅行の満足度にも直結する重要なポイントといえるのではないでしょうか。

また、必要な荷物を収納するだけでなく、きちんとコーデを楽しめるデザイン性も重要です。

使い勝手の良さとデザイン性ともに、ご自身が満足できる旅行バッグを選ぶことがおすすめです。

さらに、旅行が終わってからも普段使いできるものを選ぶと長く愛用し続けられるでしょう。

ATAO(アタオ)の「アップル」は、ノートPCも収納できるたっぷり容量。堅牢な素材で作られているため、休日の日帰り旅行はもちろん、普段の通勤にも活躍するアイテムです。

ATAO(アタオ)の公式オンラインストアATAOLAND+(アタオランドプラス)では、さまざまな形状やサイズのバッグを取り揃えていますので、ぜひ旅行バッグ選びにお役立てくださいね。


ATAO(アタオ)のバッグを見てみる

▼画像の商品はこちら▼

アップル

51,000円(税込56,100円)


旅行バッグのタイプ

旅行をする女性

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません。

旅行用バッグと一口にいっても、さまざまなタイプのバッグがあります。まずは旅行用バッグのタイプとそれぞれの特徴をチェックしていきましょう。


■リュック

オールデイ

両手が自由になるリュックタイプは旅行バッグの定番。取り出し口を大きく開けられるので、ジャケットなどかさばる荷物の出し入れにも便利です。

例えば、ATAO(アタオ)のリュック「オールデイ」は取り出し口がファスナーではなく、巾着タイプになっています。

必要なときに素早く荷物を出し入れできるので、小さなお子様との旅行にも重宝しますよ。

こちらのバッグは見た目の美しさにもこだわって作られているため、カジュアルになりすぎず、きちんとした感じを演出できるのも魅力ポイントです。


▼画像の商品はこちら▼

オールデイ

40,000円(税込44,000円)


■キャリーケース

旅行をする女

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません。

荷物が多めの方や公共交通機関での移動が多い方は、キャリーケースの使用もおすすめです。

キャスター付きなので肩に負担をかけずに荷物を持ち運びできるというメリットがあります。

また、開けたときに中身が見やすいというメリットもあります。例えば、リュックであれば奥底にしまった荷物を出すためには全ての荷物を出す必要があるでしょう。

キャリーケースの場合、荷物を重ねずに配置しておけば、必要なものを取り出すときにスムーズです。

ただし、移動途中などで開けなくてはならなくなった場合には、場所をとるため不便となるのが難点といえるでしょう。


■ボストンバッグ

待合室

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません。

樽のような形状でたっぷりと収納できるボストンバッグ。旅行バッグとして思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ボストンバッグは内部の空間が大きく確保されているので、荷物が多い方旅行日数が多い方などに役立つアイテムといえるでしょう。

しかしボストンバッグは最適な容量を選ばないと、以下のような問題も起こりやすいです。

  • ボストンバッグ特有のきれいな樽形が崩れてしまう
  • 容量に対して中身が少ないと開けたときに乱雑になってしまう

そのため、旅行バッグとしてボストンバッグを選ぶ際には、最適なサイズ型崩れしにくい素材を選ぶことなどの心がけが大切です。

 

■トートバッグ

シネマ

十分な容量を確保でき、荷物が出し入れしやすいトートバッグもおすすめの旅行バッグの1つです。

肩に掛けたままチケットガイドブックなどを出し入れできるので旅先でも活躍してくれるでしょう。

また、トートバッグは旅行以外にも使い回しできるシーンが多いため、毎日使えるような旅行バッグを探している方にもおすすめです。

例えば、ATAO(アタオ)の「シネマ」は、手書きのようなサザンカアートが特徴的なトートバッグ。

エレガントな印象のある旅行コーデを仕上げたい方にもぴったりです。

ATAO(アタオ)の公式オンラインストアATAOLAND+(アタオランドプラス)では収納量の目安画像やサイズの詳細も掲載しています。

ご自身の荷物の量と照らし合わせながら、ぴったりのバッグを選んでみてはいかがでしょうか。


ATAO(アタオ)のバッグを見てみる

▼画像の商品はこちら▼

シネマ

41,000円(税込45,100円)



スケジュール別の旅行バッグに必要な容量を紹介!

おもちゃの財布

ここからは、日帰り・1泊・2泊以上のスケジュール別で旅行バッグに必要な容量をご紹介していきます。ご自身の荷物の量によっても必要な容量は異なりますが、ぜひバッグ選びの参考にしてみてください。


■日帰り

ファンクヴィ

日帰り旅行であれば、普段お使いのビジネスバッグ程度の容量があれば問題なく使用できるでしょう。

具体的なサイズの目安としては、A4サイズが納まるくらいの大きさです。この程度の大きさがあれば、旅先で多少荷物が増えてもバッグに納まります。

A4サイズは普段のお出かけには少し大きめのサイズですが、プラスで荷物が増える日帰り旅行には最適なサイズといえるでしょう。

例えば、ATAO(アタオ)の「ファンクヴィ」は大小豊富なポケットが配置されているため、旅行先のパンフレット・ガイドブック・ペットボトル飲料なども整理整頓して収納しやすく便利です。

もしもトートバッグやハンドバッグでもより観光を楽しみたい場合は、お財布ポシェットとの2個持ちもおすすめ。

大きなバッグは駅のロッカーや車に置いて、身軽に出かけることが可能です。

ATAO(アタオ)のお財布ポシェット「アミュレット・ヴィトロ」は、現金・鍵・スマホなど必要最低限のものが納まるコンパクトサイズ。

まるで宝石のように煌めくステンドグラスレザーが旅行コーデを引き立ててくれるでしょう。

この他にも、ATAO(アタオ)では種類豊富なデザインのお財布ポシェットを取り揃えていますので、お気に入りの1つを探してみてくださいね。


ATAO(アタオ)のバッグを見てみる

▼画像の商品はこちら▼

ファンクヴィ

45,000円(税込49,500円)

アミュレット・ヴィトロ

36,000円(税込39,600円)

 

■1泊

秋

1泊の宿泊旅行に最適なサイズを選ぶ際には、持っていく荷物はどの程度必要かによって大きく異なります。

例えば、タオル・パジャマ・ドライヤー・コテなどを全て持参したい方もいるでしょう。そのような場合には、最低でも20L程度は必要です。

しかし、浴衣・ドライヤー・アメニティなどは全て現地のものを使用する方の場合には、日帰りと同等のサイズでも対応できる可能性もあります。

また、化粧水や保湿剤などのケア用品などは小さな容器に移し替えるなどすれば、荷物をコンパクトにまとめられます。


■2泊以上

ケースを持つ人

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません。

2泊以上の旅行ともなれば、着替えの量なども増えるため、ボストンバッグキャリーケースを活用すると便利です。

2〜3泊する日程であれば、20〜40L程度の容量が目安です。荷物がかさばるようであれば、圧縮袋を活用するなどしてコンパクトにまとめるのもおすすめ。

大は小を兼ねるとはいいますが、旅行先ではバッグが大きすぎても困りもの。必要な荷物を実際に手元に準備して、どの程度の容量があれば収納できそうかを確認してみると良いでしょう。

大きめのバッグを使用する際には、お土産なども合わせて収納できるように少しだけ余裕を持たせることもポイントです。



ランキングをもっと見る

 

日帰り旅行バッグを選ぶポイント

おもちゃの車

ここまでタイプ別やスケジュール別に旅行バッグをご紹介してきましたが、ここからは日帰り旅行に適したバッグについて詳しく解説していきます。日帰り旅行バッグを選ぶ際のポイントは、主に以下の4つです。


■堅牢さ

アップル

旅行のスタイルにもよりますが、日帰り旅行ではバッグを持ったりおろしたりする回数が多くなります。

また、食事の際やお会計の際などにファスナーの開け閉めをすることもあるでしょう。

その他には、予期せず引っかけてしまったり地面に落としてしまったりする場面もあるかもしれません。

そのようなときに、​​バッグに大きながついてしまったりストラップが切れてしまっては旅行を楽しめなくなり困りますよね。

旅先ではトラブルに見舞われることもあるので、できるだけ堅牢なバッグを選ぶと安心です。

また、堅牢な素材のものであれば1回きりの使用ではなく、旅行の後にも長く愛用できるのでおすすめです。

例えば、ATAO(アタオ)の「アップル」はハリとコシを感じられる上質なレザーを採用したバッグ。

堅牢であることはもちろん、凹凸のあるシボレザーなのでキズや汚れも比較的目立ちにくいのが特徴です。


▼画像の商品はこちら▼

アップル

51,000円(税込56,100円)


■収納力がある

シネマ

荷物の量は人によって異なりますが、日帰り旅行ともなれば普段のお出かけよりも荷物が増える方が多いのではないでしょうか。

例えば、折り畳み傘・ドリンク・ジャケットやカーディガンなどが旅先に持っていくと便利なアイテムです。

しかし、荷物の量が増えるとバッグの中身が乱雑になってしまうことも多いです。

日帰り旅行バッグを選ぶ際には、荷物がどのくらい入るかだけでなく、ポケットの位置や数も確認しておくと良いでしょう。

特に、出し入れする機会が多いスマホや財布などは、収納する位置を決めておくと旅先でもスムーズに出し入れができますよ。

ご自身の旅行にぴったりの収納力を確認するためには、荷物の量をあらかじめチェックしておくことも大切です。

ATAOLAND+(アタオランドプラス)公式オンラインストアでは、ポケットの位置や数などの詳しい情報もご紹介しています。ぜひ、旅行バッグ選びにご活用くださいね。


ATAO(アタオ)のバッグを見てみる

▼画像の商品はこちら▼

シネマ

41,000円(税込45,100円)


■撥水加工がある

オールデイ

旅行先では突然の雨に見舞われてしまうこともあるでしょう。そのようなときに頼れるのは撥水加工がある素材のバッグです。

例え傘をさしていたとしても、突然の強い雨風でバッグが濡れてしまうこともあります。

バッグの中身まで水濡れしてしまうようでは、貴重品やチケットなどを安心して収納しておくことができませんね。

少し遠くまで足を延ばす日帰り旅行だからこそ、安心して使用できる素材を選んでおくことをおすすめします。

撥水加工が施されている素材のバッグであればお手入れもしやすく、さまざまな外出シーンで使い回しができるでしょう。

ATAO(アタオ)の「オールデイ」は、撥水加工が施されたイタリアレザーを採用したリュックです。

撥水加工が施されているバッグは、旅行だけでなく毎日の通勤用としても使えるので便利ですよ。


▼画像の商品はこちら▼

オールデイ

40,000円(税込44,000円)


■荷物を出し入れしやすい

形を変える2wayバッグ/バタフライ

日帰り旅行は宿泊旅行に比べてスケジュールがタイトになりがち。限られた時間の中で存分に楽しむためには、荷物を出し入れしやすいかどうかもチェックしておきたいポイントです。

例えば、ATAO(アタオ)の「形を変える2wayバッグ/バタフライ」は、取り出し口が大きく開くタイプのバッグです。

一目でどこに何が収納してあるか確認できるので荷物の出し入れもスムーズに行えます。

また、持ち手を変えることで形状も変化するので、荷物の量やコーデに合わせて柔軟な使い方が可能です。

しかし、取り出し口が大きく開くことで心配なのはバッグの中身が丸見えになってしまうことではないでしょうか。

「形を変える2wayバッグ/バタフライ」は、バッグの中身をきれいに隠せるフラップ付き

忙しいスケジュールで多少バッグの中身が乱雑になってしまっても、サッと隠せるのは嬉しいですね。


▼画像の商品はこちら▼

形を変える2wayバッグ/バタフライ

45,000円(税込49,500円)


お気に入りのバッグで旅行を楽しもう

elvy+(エルヴィプラス)

旅行コーデの重要なアイテムの1つといえば、バッグ。お気に入りのバッグを持って街を歩いているだけでも気分が上がりますよね。

見た目はもちろん、収納力や荷物の出し入れのしやすさなどにこだわってみると、旅先での過ごしやすさが格段にアップします。

貴重な休日の日帰り旅行が素敵な時間になるように、心が満たされるような特別な旅行バッグを選んでみてはいかがでしょうか。

ATAO(アタオ)の「elvy+(エルヴィプラス)」は、ハンドバッグ・トートバッグ・ショルダーバッグとして使用できる3way仕様。

荷物の量や旅行のスケジュールに合わせて使い方を変えられます。この他にもATAOLAND+(アタオランドプラス)公式オンラインストアでは、個性豊かなバッグをご紹介しています。

上質な素材とディティールにこだわったアイテムをぜひチェックしてみてくださいね。


ATAO(アタオ)のバッグを見てみる

▼画像の商品はこちら▼

elvy+(エルヴィプラス)

41,000円(税込45,100円)



ランキングをもっと見る

関連記事