小銭が出しやすい財布の魅力を解説!選ぶときのポイントやおすすめの種類をご紹介します

limo(リモ)ケリー

楽しい日・ちょっと悲しいことがあった日・とても頑張った日…。どんなときでも私たちの生活に寄り添ってくれるお財布は、とても身近なアイテムですよね。

そんなお財布を選ぶとき、大切にしているポイントはありますか?実はデザインや素材の他に、使い勝手にこだわる方がとても多いです。

なかでも「小銭の出しやすさ」は使い勝手の良し悪しに大きく関わり、選んだお財布の満足感まで変わってくる超重要なポイントなんです。

この記事では、小銭が出しやすいお財布の特徴・魅力・選び方・種類などをご紹介します!

どのような方におすすめなのかも併せてご紹介するので、ぜひご参考にしてくださいね。

 

小銭が出しやすい財布が女性に大人気!

slimo(スリモ)ヴィトロ/大聖堂のステンドグラスがイメージのレザー

小銭が出しやすいお財布は、トレンドに敏感でおしゃれな女性の間でも大人気です。

「機能性が優先になるとおしゃれさがなくなる」というイメージの方も少なくないと思います。ところが、近年では見た目と機能性を両立したお財布が充実しています。

おしゃれな女性は服装・髪型・メイクはもちろん、ちょっとした仕草や振る舞いも大切にしているもの。 

小銭が出しやすいお財布なら会計時にももたつかず、いつも余裕を感じさせるスマートな印象につながりますよ。

 

▼画像の商品はこちら▼

slimo(スリモ)ヴィトロ/大聖堂のステンドグラスがイメージのレザー

27,000円(税込29,700円)

 

小銭が出しやすい財布ってどんなの?

limo(リモ)パイソン/ATAO(アタオ)L字長財布

小銭が出しやすいお財布とは、必要な小銭の探しやすさ・取り出しやすさ・スムーズさが備わったお財布のことです。

小銭の探しやすさ・取り出しやすさは、小銭入れ部分がなるべく大きく開くことでとても快適に感じられます。

さらに、スムーズに取り出すためにはファスナーがたくさんあるよりもなるべくシンプルな作りのお財布が望ましいです。 

ATAO(アタオ)では、L字ファスナーを採用した大容量長財布のlimo(リモ)シリーズ・最薄型長財布のslimo(スリモ)シリーズが大変好評です。

大きな特徴といえるのが、なんと小銭入れ部分にはファスナーを取り付けていないこと!L字ファスナーを開けるだけで、紙幣・カード・小銭…と全体的に見渡せます。 

会計時のストレスがなく、時短にもなるので忙しい女性にもおすすめですよ。ATAO(アタオ)自慢の長財布をぜひ一度ご覧ください。

 

ATAO(アタオ)の時短につながる財布をチェック

 

▼画像の商品はこちら▼

limo(リモ)パイソン/ATAO(アタオ)L字長財布

31,000円(税込34,100円)

 

小銭が出しやすい財布の魅力に迫る

 limo(リモ)ヴィトロ・アンティークルビー

小銭が出しやすいお財布は一度使うとその魅力に気づき、大切に長く愛用する方も少なくありません。

使い勝手にこだわったことで得られる小銭の出しやすさは、ちょっとしたストレスを軽減してくれる大事なポイントです。

具体的にどういうことなのか、下記に詳しくご紹介します。

 

▼画像の商品はこちら▼

limo(リモ)ヴィトロ・アンティークルビー

29,000円(税込31,900円)

 

■買い物がスムーズに

コンビニや自動販売機のちょっとしたお買い物から、旅行やお出かけなどの大事なイベントまで、あらゆるシーンでお買い物をしますよね。

会計を行う場面で、ついついモタモタしてしまいがちなのがやっぱり「小銭の出し入れ」です。 

「必要な小銭が見つからない」「取り出しにくい…!」なんてことも。 

急いでいるときはもちろんのこと、レジで自分の後ろに誰かが並んでいるときなどはとても焦ってしまうものです。 

小銭がスムーズに取り出せれば、嫌なドキドキ感からも解放されて時短にもつながりますよ。

 

■小銭入れを持つ必要がない

お財布の小銭入れ部分が小さくて探しづらい・取り出しにくい・そもそも小銭入れ部分が備わっていない…などの理由で、お財布とは別に小銭入れを持ち歩いている方もいます。

その場合、カードや紙幣と一緒に小銭を出したいときにそれぞれのアイテムを取り出して会計を行う必要があります。

それなりの手間になるうえ、時間もかかってしまいますよね。

お財布自体に工夫がされていて小銭が取り出しやすければ、小銭入れを持つ必要がありません。時短にもなり、荷物もスッキリするのでおすすめです。

 

■カードやレシートも出しやすい

小銭を出しやすいお財布は、使い勝手に工夫がされています。お財布の中がスッキリと見やすくなっていれば小銭以外の探し物もスムーズです。

カードやレシートも出しやすいので、小さなストレスがかなり軽減されると期待できます。

ATAO(アタオ)の長財布limo(リモ)シリーズ・slimo(スリモ)シリーズは、L字ファスナーを開けるだけでお財布の中身が一度に見渡せます。

カード・レシート・紙幣も取り出しやすく、整頓もしやすいのでスッキリとしたお財布を維持しやすいですよ。

 

小銭が出しやすい財布を選ぶときのポイントを解説

くつろぐ女性

小銭が出しやすいお財布が気になっていても、選び方がピンとこない…なんて方もいるのではないでしょうか。

せっかくお財布を選ぶならしっかりとポイントを押さえたいですよね。そこで、ぜひこだわってほしいポイントをご紹介します!

 

■自分の使いやすい型を選ぼう

一番大切にしてほしいポイントは、ずばり「自分にとって使いやすい型かどうか」です。

小銭の出しやすさにこだわるあまり、そもそも使いにくい型を選んでしまっては本末転倒。どちらも妥協せずに選びたいところですよね! 

どのような型が使いやすいかは、これまで使ってきたお財布による慣れであったり、ライフスタイルにしっくりくるかどうかであったりという要素が強いです。 

どの型を使いやすく感じるかは、個人差がとても大きいもの。自分自身にしっくりくるものを選んでくださいね。

 

■素材やデザインにこだわろう

せっかく購入するお財布は、小銭の出しやすさだけではなく素材やデザインにもこだわりましょう。

好きなデザインなら愛着を持てて気分も上がり、良質な素材なら長く大切に愛用することができます。

ATAO(アタオ)のお財布は、小銭の出しやすさはもちろん、デザイン・素材にもこだわって仕上げています。 

牛革(カウレザー)・ヘビ革(パイソンレザー)・ワニ革(クロコレザー)などの良質な本革を生かしたお財布は、ご愛用者様も多くATAO(アタオ)の自慢です。

大聖堂のステンドグラスのような華やかなデザインのヴィトロシリーズは、美しいエナメルレザーがポイントです。 

使い勝手・デザイン・素材のどこにも妥協しないATAO(アタオ)のお財布をぜひご検討くださいね。

 

ATAO(アタオ)の財布を見てみる

 

小銭が出しやすい財布の種類

オフィスブーブー

小銭が出しやすいお財布には、どのような種類があるのでしょうか。「どれも同じじゃない?」と感じる方もいるかもしれませんね。

代表的な長財布・三つ折り財布を容量の違いにも触れながらご紹介いたします。

 

▼画像の商品はこちら▼

オフィスブーブー

29,500円(税込32,450円)

 

■カード類もたくさん入る長財布型

 limo(リモ)・クロコ

定番の長財布は、紙幣・小銭はもちろん、カード類もたっぷりと収納することができます。一度は使ったことのある方も多いのではないでしょうか。

普段から現金もカードも使う方や、ポイントカード類も収納したい方におすすめです。

ATAO(アタオ)のlimo(リモ)シリーズ・slimo(スリモ)シリーズは、収納力はもちろん、小銭の取り出しやすさもバッチリです。

なかでもlimo(リモ)・クロコは、上質で美しいクロコレザーと品のあるカラーリングが醸し出す洗練された魅力が自慢の逸品。

年齢や性別の枠を飛び越えて、おしゃれと使い勝手の両立にこだわる多くの方にご愛用いただいています。

 

▼画像の商品はこちら▼

limo(リモ)・クロコ

69,000円(税込75,900円)

 

■コンパクトに収まる三つ折り財布型

限定「ボタニカルシリーズ」(slimo(スリモ)/limo(リモ)/waltz(ワルツ)/名刺入れ)

三つ折り財布も使い勝手に優れた定番のお財布で、とてもコンパクトなサイズ感が大きな特徴です。 

長財布に比べると持ち歩く現金やカード類が少なめの方におすすめですが、それでも十分な収納力がありますよ。

ATAO(アタオ)では三つ折り財布にwaltz(ワルツ)シリーズをご用意しています。女性の手のひらにもすっぽりと収まるほどのサイズ感で、ミニバッグなどを使用する方にも好評です。

小さいながらも、小銭入れ部分は大きく開くこだわりの仕様で使い勝手抜群!素材・デザインともに申し分ないATAO(アタオ)自慢のミニ財布です。

 

▼画像の商品はこちら▼

限定「ボタニカルシリーズ」waltz(ワルツ)

24,000円(税込26,400円)

 

小銭が出しやすい財布はこんな人におすすめ

2022限定「slimo(スリモ)/limo(リモ)パイソンリュクス」

お財布に限らず、こだわりを持ちたいポイントは人それぞれですよね。けれど、小銭が出しやすいお財布をぜひ使ってもらいたい方もいます。 

どのような方に特におすすめなのかご紹介いたしますので、ご参考にしてくださいね。

 

▼画像の商品はこちら▼

2022限定「limo(リモ)パイソンリュクス」

32,000円(税込35,200円)

 

■小銭を使うことが多い人

当然のようにも思えますが、小銭を使う機会が多い場合には、ぜひ小銭の取り出しやすさを意識してお財布選びをしてください。

ちょっとしたお買い物をする・カフェでコーヒーを現金で買う習慣がある・自動販売機を利用する機会が多いなど…小銭の使いどころはひとそれぞれ。

小銭を使う機会が多ければ多いほど、取り出しやすさの影響を受けるタイミングも増えていきます。

もし小銭が取り出しにくいと感じることがあるなら、ぜひ買い替えもご検討ください。びっくりするほどの快適さが期待できますよ!

 

■小銭入れと財布の2個持ちをしている人

もしも今お財布と小銭入れを2個持ちしている方がいれば、ぜひ小銭が取り出しやすいお財布を一度手にとってみてください。

2個持ちは荷物が増える原因になりかさばるだけでなく、会計時にもなかなか不便なもの。

「紙幣と小銭」「ポイントカードと小銭」など、組み合わせて会計をするときに両方からそれぞれ出さなくてはなりません。 

もし紙幣だけ出したとしてもお釣りがあれば結局小銭入れも開けて…と、手間が大幅に増えてしまいます。

2個持ちになる大きな理由として、お財布に小銭が入らない・お財布の小銭入れ部分は出しにくくて使いづらい、などがあります。 

小銭の出しやすいお財布なら荷物も手間も減るので、とてもおすすめですよ。

 

■キャッシュレスより現金派の人

キャッシュレス派の方も小銭は持ち歩いていることが多いと思います。けれどやっぱり、現金派の方にこそ小銭の取り出しやすさにこだわってみてほしいところです。 

どちらの場合でも小銭を使う機会はそれなりにあるもの。とはいっても、現金派は圧倒的に小銭を使う回数が多いです。

小銭が取り出しにくいお財布を使っていたり小銭入れとお財布を2個持ちしていたりすると、会計をするたびに小さなストレスを感じることになります。 

現金派だからこそ、小銭の取り出しやすさが快適な使い心地に直結してきますよ。

 

小銭が出しやすい財布を探しているなら…

limo(リモ)ケリー

ATAO(アタオ)では小銭の出しやすさはもちろんのこと、使い勝手・デザイン・素材にとことんこだわったお財布を仕立てています。

limo(リモ)・slimo(スリモ)では、L字ファスナーを採用することでお財布の中を見渡しやすくしたのが大きな特徴です。 

さらに小銭入れ部分のファスナーをなくしたことで会計時のスムーズさも追及しました。 

人気の三つ折り財布・waltz(ワルツ)も小銭入れ部分にL字ファスナーを採用し、小銭が見やすく取り出しやすい設計です。 

素材やデザインも豊富にご用意しているので、きっとお気に入りのお財布が見つかりますよ。

 

ATAO(アタオ)のこだわりが詰まった財布をチェック

 

▼画像の商品はこちら▼

limo(リモ)・ケリー

25,000円(税込27,500円)

 

小銭が出しやすい財布を持ってお買い物を快適に!

限定「ヴィトロ・アースラベンダー」(slimo(スリモ)/limo(リモ))

いつでもどこでも手に取る機会のあるものだからこそ、妥協せずに選びたいお財布。使い勝手の良さは日々のお買い物の快適さそのものです。

小銭が取り出しやすいだけでも会計がとてもスムーズになり、ストレスも荷物も軽くなりますよ。

時短にもなるので、毎日節約できた時間が積み重なれば、その分本当にやりたいことに使う時間が手に入るかもしれませんね。

ATAO(アタオ)のお財布は、職人が手作業で丁寧に仕上げたこだわりの商品です。持つことで日々の快適さにつながり気分も上がるお財布を、ぜひATAO(アタオ)で見つけてくださいね。

 

▼画像の商品はこちら▼

限定「ヴィトロ・アースラベンダー」(limo(リモ))

29,000円(税込31,900円)