イタリアンレザーの財布の魅力に迫る!イタリアンレザーの財布を選ぶ際のポイントや財布のお手入れ方法もご紹介!

limo(リモ)ハッピーヴィトロ プリマ

イタリアンレザーの財布というと、イタリア製の高級な牛革で作られた、ブランドものの財布を連想される方が多いのではないでしょうか

しかし実際のイタリアンレザーはそれだけではありません。昔ながらの方法でなめした牛革で、その世界はもっと奥が深くて興味深いです。

ここではイタリアンレザーの特徴や、そのレザーで作られた財布の選び方を紹介します。

また、イタリアンレザーを使った財布のお手入れ方法もあわせてご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。


イタリアンレザーの財布はおしゃれで高級感漂うアイテム

 limo(リモ)ハッピーヴィトロ キャトル

イタリアンレザーは、高級革製品に使われることが多い牛革です。

主にイタリアのトスカーナ地方生産されたレザーのことを指します。

なめしに植物由来のタンニンを使い中世にまでさかのぼる伝統的な製法で作られた牛革が代表的なイタリアンレザーといわれています。

同じ牛革であっても現在一般的に使われているクロムなめしと違って、植物タンニンを使ったなめし方ははるかに時間がかかります。

クロムなめしなら数日で済む工程が、植物タンニンなめしだと約2ヶ月の期間を要します

しかし仕上がったレザーの質ははるかに良好で、特に美しいエイジング(経年変化)を起こすことがよく知られています。

毎日使う財布などの小物にイタリアンレザーを使ったものを選ぶことで、日常生活にちょっとした高級感をもたらすことができますね

 

イタリアンレザーの財布の魅力

slimoヴィトロ/ロージーラベンダー(15周年アニバーサリーモデル)

イタリアンレザーを使った財布には、日本製のものもイタリア製のものもあります。

どちらの財布も魅力的なのは、革の質が良いにもかかわらず比較的手に取りやすい金額で手に入るためです。イタリア製品独特の美しい色も関係しています。

 

▼こちらの画像で使用されている商品はこちら▼

slimo(スリモ)ヴィトロ/ロージーラベンダー(15周年アニバーサリーモデル)

27,000円(税込29,700円)


■使うほどにツヤが増すレザー

机の上の財布

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

イタリアンレザーの特徴は使い込むほど美しいツヤが楽しめる、エイジングの魅力です。

なめしに使った植物性タンニンに含まれた渋(しぶ)が空気や紫外線にさらされることで酸化し変色が楽しめます。

この変色は、種類によっては色の濃い革では目立ちにくいものもあるかもしれません。しかし毎日使い続けることによって生まれるツヤは、すべてのイタリアンレザーに共通です。

イタリアンレザーには、天然の油脂が芯までしっかりと染み込んでいます。

そのため時間の経過につれて、オイルが表面にじんわりと染み出し、それが毎日使用することで磨かれて、深いツヤを生み出すのです。


■しなやかな手触り

イタリアンレザーの財布の特徴は、エイジングが生み出すツヤだけではありません。

堅牢な革なのですが、そのしっとりとした質感が魅力的で、いつまでも触っていたくなるほどです。しかも使い込むにつれて、次第に柔らかくなっていきます。

このイタリアンレザーのしなやかな手触りは、レザーに芯まで染み込んだ天然のオイルが関係しています。


■高級感が漂う風合い

イタリアンレザー、特に全く染色されていないヌメ革は、世界三大レザーのひとつといわれています。

(ちなみに三大レザーの残りのふたつは、イギリスのブライドルレザーと馬の臀部の革であるコードバンです。)

三大レザーの中では最も身近なイタリアンレザーですが、使い込めば込むほど柔らかくしなやかになる魅力的な素材です。

そのため有名ブティックやオート・クチュールのコレクションにもイタリアンレザーの製品がよく使われており、セレブの愛用者も多くいます。

このように高級感漂う風合いが魅力のイタリアンレザーですが、財布のような小物は比較的手に取りやすい価格で購入することも可能です。

 

イタリアンレザーの財布を選ぶ際のポイント

色鮮やかな財布

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

続いては、イタリアンレザーの財布を選ぶ際のポイントを紹介します。イタリアンレザーの財布を選ぶ際のポイントは、主に形・デザイン・価格の3つです。

この3点は、イタリアンレザーに限らず財布を選ぶ際には共通するポイントといえます

ATAO(アタオ)でも、L字型長財布のlimo(リモ)・最薄長財布のslimo(スリモ)をはじめいくつかのシリーズの財布を取り扱っています。


ATAO(アタオ)の財布をチェックする


■形

limoチェリーリバー

財布は、大きく長財布・二つ折り財布・三つ折り財布などに分かれるので、持ち歩くバッグの形によって選ぶ良いでしょう

普段用にお札や硬貨をたくさん入れて持ち運ぶには、長財布が便利です。カードをたくさん持ち歩く方にも長財布がおすすめです

しかし特別なお出かけなど、小さいバッグを持つ場合は、二つ折りや三つ折りといった小さな財布を使うのも便利です。

 

■デザイン

限定「ヴィトロ・アースラベンダー」(slimo/limo)

デザインは、収納量が決め手となることが多いのではないでしょうか。もちろん、「使いやすさ」も忘れてはいけません。

ポイントをためるのが好きな方は、ポイントカードが沢山収納できるようポケットが充実してマチ幅がたっぷりあるデザインを選んでみてはいかがでしょうか。

バッグの中で幅を取らないデザインを好むのなら、できるだけスマートでコンパクトなデザインのものが良いでしょう。

財布のデザインは個性的なものや、逆にシンプルなものなどさまざまですが、財布はほとんど毎日使うものですから毎日持って楽しくなるもの選びたいですよね

ATAO(アタオ)の財布には、収納力のある長財布limo(リモ)・スマートな最薄長財布slimo(スリモ)・コンパクトな三つ折りの財布waltz(ワルツ)シリーズなどがあります。

どれもバリエーションが豊富なので、好みのデザインを選ぶことができます。イタリアンレザーの商品ももちろん幅広く取り揃えていますよ。

 

▼こちらの画像で使用されている商品はこちら▼

限定「ヴィトロ・アースラベンダー」(slimo(スリモ)/limo(リモ))

27,000円(税込29,700円)/30,000円(税込33,000円)


■価格

イタリアンレザーの財布の価格は、一般的にはおおよそ1万円から4万円くらいといわれています

ただしインターネット等で調べてみると1万円以下でも素敵な商品があり、逆にブランドによっては10万円以上のイタリアンレザーの財布もあるようです。

価格面ではあまり相場にとらわれずに、ご自身の予算と相談しながら、お好みのデザインのお財布を選んでみてくださいね。

ATAO(アタオ)でも様々な財布をご用意しています。ぜひご覧ください。

 

ATAO(アタオ)の財布をチェックする


イタリアンレザーの財布のおすすめの形は?

たくさんの財布

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

ひと口にイタリアンレザーの財布といっても、いろいろなタイプがあります。

その中でレザーの味を最も活かした使い心地の良い財布として、「長財布」「二つ折り(あるいは三つ折り)財布」の2種類を紹介します。


■レザーの手触りも楽しめる「長財布」

limoプリズムリバー

財布を大きめのバッグに入れて持ち運ぶのが好きな方には、収納力のたっぷりある長財布を使ってみてはいかがでしょうか。

収納力に応じて面積も広いので、イタリアンレザーのツヤツヤとした手触りとエイジングを楽しみたい方にも長財布はおすすめです。

ATAO(アタオ)ではL字ファスナーの長財布として、収納力のある「limo(リモ)」とコンパクトさが自慢の「slimo(スリモ)」の2シリーズを扱っています。

どちらもバリエーションが豊富で、イタリアンレザー製の商品ももちろん含まれています

 

■レザーのしなやかさが際立つ「二つ折り財布」

青と赤の財布

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

コンパクトに折りたためる二つ折り財布も、イタリアンレザーを使用したアイテムは豊富にあります。

しなやかでしっかりとしたイタリアンレザーだからこそ、美しい経年変化を見せてくれます。

ATAO(アタオ)では二つ折り財布の「ミニlimo(リモ)」シリーズに加えて、二つ折り財布よりさらにコンパクトな三つ折り財布の「waltz(ワルツ)」シリーズ取り扱っています。

 

イタリアンレザーの魅力が詰まったステンドグラスレザー財布もおすすめ

limoヴィトロ/大聖堂のステンドグラスがイメージのレザー

イタリアンレザーの中にも、素朴で経年変化を楽しむヌメ革などとは異なり、たいへん手のかかるエナメル加工施したレザーもあります。

ATAO(アタオ)のL字型長財布limo(リモ)ヴィトロシリーズや最薄長財布slimo(スリモ)ヴィトロシリーズにも使われているステンドグラスレザーです。

ATAO(アタオ)のヴィトロシリーズで使われているステンドグラスレザーは、イタリアのタンナーが手作業で1枚1枚仕上げる贅沢なレザー。

イタリアンレザーに型押しされたくぼみの上に、職人が手作業で少しずつ色を重ねて光のうつろいを表現しています。


ATAO(アタオ)のステンドグラスレザー財布をチェックしてみてください

 

▼こちらの画像で使用されている商品はこちら▼

limo(リモ)ヴィトロ/大聖堂のステンドグラスがイメージのレザー

30,000円(税込33,000円)


■ステンドグラスをイメージした華やかな財布

slimo(スリモ)ヴィトロ・アンティークルビー

ATAO(アタオ)では、この贅沢なステンドグラスレザーをバッグやお財布などさまざまな皮革製品で使用しています。

特にL字型長財布のlimo(リモ)シリーズと最薄長財布slimo(スリモ)シリーズで、このレザーを使った製品は大きな注目の的。

宝石のように美しい大聖堂のステンドグラスをイメージしたこのレザーは、普通のレザーより型押しのくぼみが深く加工されています。

そのくぼみに手塗で何層にも塗り重ねたエナメルレザーは本物のステンドグラスに負けないほど、不思議な輝きに満ちています。

カフェやレストランなどで支払いの際には、ステンドグラスレザーのキラキラとした輝きは、上品かつ効果的にご自身を表現するのに役立つかもしれませんね。

 

▼こちらの画像で使用されている商品はこちら▼

slimo(スリモ)ヴィトロ・アンティークルビー

27,000円(税込29,700円)


■ガラスのような艶やかさとレザーの柔らかさが魅力

slimoヴィトロ/大聖堂のステンドグラスがイメージのレザー

まるでガラスがはめ込まれているような不思議な輝きを見せる、ステンドグラスレザーですが、触ってみると実際は柔らかでなめらか質感です。

イタリアンレザーの皮革の堅牢さと柔軟さはそのままに、手の込んだエナメル加工を施しています。

しかも表面のエナメルのおかげで、耐久性や耐水性は優れ、安心して使い続けることができる素材です。

 

▼こちらの画像で使用されている商品はこちら▼

limo(リモ)ヴィトロ/大聖堂のステンドグラスがイメージのレザー

30,000円(税込33,000円)


イタリアンレザーの財布のお手入れ方法

財布を手入れする

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

使い始めのイタリアンレザーの財布は比較的堅牢度が高く、オイルも内部まで十分に染み込んでいます。

そのためお手入れも、乾いた柔かい布で時々乾拭きする程度で十分です。

ただしイタリアンレザーは雨や汗などに弱いので、うっかり濡らしてしまったら優しく乾いたタオルで拭いて、十分に陰干しする必要があります。

ただしドライヤーの熱風で慌てて乾燥させるのは、やめましょう。

ステンドグラスレザーなどのエナメル製品も、日常は柔かい布で小まめに拭き上げる程度で問題ありません。

ただし本格的に手入れをする場合には、必ずエナメル専用のメンテナンス用品を使うようにしてください。

一般的なレザーに使うクリームや防水スプレーなどをエナメル製品に使うと、シミになってしまう可能性があるので気をつけましょう。

 

おしゃれなイタリアンレザーの財布を探しているなら

 limo(リモ)ハッピーヴィトロ プリマ

おしゃれなイタリアンレザーの財布を探していて近くに販売店舗がない場合は、オンラインショップを利用するのも良いアイデアです。

オンラインショップならいろいろなブランドの比較が簡単にできる上、短い時間でたくさんのイタリアンレザーの財布をチェックすることができます。

ATAO(アタオ)でも長財布limo(リモ)シリーズ、最薄長財布slimo(スリモ)シリーズなど様々なサイズ感、素材のお財布を公式オンラインショップATAOLAND+(アタオランドプラス)にて取り扱っています。

 

ATAO(アタオ)の財布を調べてみる

 

イタリアンレザーの財布で日常に華やかさをプラスしよう

limoヴィトロ/ロージーラベンダー(15周年アニバーサリーモデル)

生まれ育った風景や文化が違うため、イタリアの人々の色彩感覚は日本とはまた違った独特の個性が感じられます。

同じ赤・同じ黄色や青であってもイタリアの赤や黄色や青は、たとえば日本でなめした皮革に比べて、明るく鮮やかといわれています。

色に敏感な方が見ればすぐに気づくといわれるほど、イタリアンレザーの色は鮮やかです。

明るく華やかな色合いのイタリアンレザーを使った財布で、今の生活に華やかな彩りを添えてみてはいかかでしょうか。


ATAO(アタオ)の財布をチェックする


▼こちらの画像で使用されている商品はこちら▼

limo(リモ)ヴィトロ/ロージーラベンダー(15周年アニバーサリーモデル)

30,000円(税込33,000円)