財布がパンパンだと貧乏になるって本当?財布がパンパンになってしまう理由やパンパンにしないコツもご紹介!

 limo(リモ)ヴィトロ・アンティークルビー

財布は誰しも使うものであり、日常生活でもおしゃれの小物としても欠かせないアイテムです。

そんな財布がレシートやカード類でパンパンになっている方はいないでしょうか。

一度は聞いたことがある方もいるかもしれませんが、財布がパンパンだと貧乏になるという噂があるのです。

そこで本記事では、財布がパンパンだと実際のところ貧乏になるのは本当なのかご紹介します。

財布がパンパンになってしまう理由やパンパンにしないコツも併せてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

気づけば財布がパンパン…なんてことありませんか?

限定「ボタニカルシリーズ」(slimo(スリモ)/limo(リモ)/waltz(ワルツ)/名刺入れ)

財布は普段から持ち歩いて使うものですが、気づけばパンパンになっているなんてことがないでしょうか。

ショッピングをする際にはレシートをもらい財布に入れておくため、ついついお札を入れるスペースにレシートが大量に入っていることもあるでしょう。

パンパンの財布になると、財布の形が崩れてしまうため、傷んでしまう可能性があります。

また、必要ないものが入りパンパンになっていると、お札やカードなど目的のものを出す邪魔になり使い勝手が悪くなる可能性も高いです。

さらに、パンパンに大きくなってしまうと、バッグの中で通常よりも幅をとることとなり、取り出しづらくもなってしまうでしょう。 

このように、財布がパンパンになることで弊害がさまざまなところに生じます。

 

▼画像の商品はこちら▼

限定「ボタニカルシリーズ」(slimo(スリモ)/limo(リモ))

24,000円(税込26,400円)/27,000円(税込29,700円)

 

財布がパンパンになってしまう理由は?

財布の手入れ

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

財布がパンパンになっているとさまざまな弊害が生まれることがわかりましたが、なぜ財布はパンパンになってしまうのでしょうか。

ここでは、誰しも経験があるパンパンな財布の理由を追求していきます。パンパンな財布にしないためにも、原因を把握して未然に防げるようになっておきましょう。

 

■レシート・割引券を入れっぱなしにしている

財布がパンパンになる理由の1つとして、レシート・割引券を入れっぱなしにしていることが挙げられます。

買い物をすると色々なレシートや割引券が発行されるでしょう。これらは、次の買い物で使うかもしれないので、多くの方が財布に入れたままにします。

しかし、レシートは買い物をするたびに出てくるため、色々なお店で購入すると何枚も発行されてしまい膨大な量となってしまうのです。 

また、割引券については、発行されてすぐに使うわけではありません。そのため、こちらも何枚も財布の中にため込んでしまいます。 

その結果、財布の中に不必要なレシートと割引券が何枚もたまってしまいパンパンとなってしまうのです。

 

■カード類をたくさん持っている

クレジットカードと紙幣

カード類を沢山持っていることも、配布がパンパンとなる理由に挙げられます。

財布の中には、クレジットカードやポイントカードなどさまざまなカードが入っている方が多いでしょう。

しかし、財布に入れられるカードの枚数は財布の容量によって決まっています。そのため、容量以上の枚数を入れようとすると財布がパンパンになってしまう可能性が高いです。 

特に色々なお店のポイントカードを何枚も持ち歩きたい人は、財布がパンパンになりやすい傾向にあるかもしれません

 

■小銭が多すぎる

小銭が多すぎることも財布がパンパンになる原因です。小銭が多いと、小銭同士が重なってしまい財布が膨らんでしまいがちです。 

特に現金支払いが多い人に見られますが、小銭が多いと財布の型崩れが起こる可能性も高いです。 

小銭の量を減らすためには、おつりで小銭が出ないように工夫してお会計をすることも必要となります。

 

財布がパンパンだと貧乏になるって本当?

slimo(スリモ)ヴィトロ・アンティークルビー

財布がパンパンになると目的のものが出しづらいことや、バッグの中で幅をとるなどの弊害が生じることがわかりました。

しかし、貧乏になるとの噂は本当なのでしょうか。結論から言うと、全員が該当するわけではありませんが、貧乏になる可能性はあります。

その理由には、財布がパンパンになるほどレシートやカード類が整理整頓されていないことが関係しています。

特にレシートの場合、財布がパンパンになるほど増えるということは、普段の支出の計算が整理できていないことにつながることもあります。

全員が家計簿を付ける必要はありませんが、レシートを整理するということはどれくらいの支出があったかを確認する機会となります。

その機会がなくレシートが財布にあふれているということは、お金の居心地を悪くしお金をたまりにくくしてしまっているのです。その結果、貧乏になることにつながります。

財布がパンパンだと貧乏になるというのは噂だと感じている人は多いかもしれませんが、実は無関係ではないのかもしれませんね。

ATAO(アタオ)の財布には、大容量長財布limo(リモ)シリーズとlimo(リモ)よりもコンパクトサイズの最薄長財布slimo(スリモ)シリーズなどがあります。

整理のしやすい大容量お財布ながら薄マチでかさばらないのでぜひお気に入りのアイテムを見つけてみてくださいね。

 

ATAO(アタオ)の財布を見てみる

 

▼画像の商品はこちら▼

slimo(スリモ)ヴィトロ・アンティークルビー

27,000円(税込29,700円)

 

財布をパンパンにしないコツは?

slimo(スリモ)・パイソン

財布がパンパンになることで貧乏になる可能性があることがわかりました。それでは、どのようにすれば財布をパンパンにすることなく使い続けられるのでしょうか。

ここでは、財布をパンパンにしないコツをご紹介します。

 

▼画像の商品はこちら▼

slimo(スリモ)・パイソン

29,000円(税込31,900円)

 

■レシートはこまめに整理する

1つ目は、レシートをこまめに整理することです。買い物好きの人は、特にレシートが財布にたまってしまう傾向にあります。

そのため、買い物が多い時ほどこまめにレシートを整理するようにしましょう。

こまめに整理することで、どれくらいお金を使っていたか把握することもできます。これによって買い物のし過ぎなどもわかるため、支出も減らせるかもしれません。

レシートがあふれていると、財布から見えたときにだらしないと感じられてしまう可能性もあるため、きれいに片づけておくことは重要でしょう。

 

■カード類を多く持ちすぎない

カード

カード類を多く持ちすぎないことも、パンパンにしないコツとなります。ポイントカードなど多くのカードを財布に入れておくと非常にかさばる原因です。 

特にプラスチック製の厚みのあるカードの場合、いくつも財布に入れているとすぐにパンパンになってしまいます。 

カード類は多く持ちすぎず、場合によってはカードケースを別で持つなどして、財布に入れすぎないようにしましょう。

 

■カード・お金の収納ルールを決める

カード・お金の収納ルールを決めることもコツの1つです。それぞれ使い方を決めて収納ルールを決めることでパンパンになることを防ぐことにつながります。

カードの場合は、先述したようにカードケースを持ち歩くことで、財布には最低限のカードを入れるようにするといいでしょう。 

クレジットカード以外は財布に入れないなどご自身でルールを決めて仕分けるというのも良いでしょう。また、使わないカードについては持ち歩かず家での保管がおすすめとなります。

お金の収納ルールとしては、小銭入れを別で用意する方法や、最低限の小銭しか収納せず残りは家で貯金する方法が有効でしょう。 

財布以外で小銭入れを用意することで、財布には収納する小銭を少なめにできます。小銭がかさばらないため、財布がパンパンになるのを防ぐことができます。 

また、財布への収納は最低限の小銭だけにして、残りは家で貯金する方法であれば、お金の使いすぎを防ぐこともできて効果的です。

 

■入れたい容量にあわせた財布を使う

【限定】limo(リモ)パイソン・バイカラー

入れたい容量に合わせた財布を使うこともパンパンな財布にしないためには効果的なコツとなります。財布に入れる物を調整するのではなく、財布の容量自体を調整する方法です。 

沢山ものを入れたいのであれば、大容量の財布を使うのがおすすめです。そうすることで、型崩れをおこさずパンパンになることもありません。

ATAO(アタオ)ではさまざまなデザイン・カラーの財布を揃えており、自分の雰囲気やスタイルに適した財布を見つけられるので、ラインナップをぜひご覧ください。 

入れたい容量に対して少し余裕のある財布をあらかじめ選んでおけば、多少レシートを多く収納していてもパンパンには見えにくいでしょう。

 

スリムなのに大容量!ATAO(アタオ)の財布を見てみる

 

▼画像の商品はこちら▼

【限定】limo(リモ)パイソン・バイカラー

33,000円(税込36,300円)

 

財布をパンパンにしない!おすすめの財布をご紹介

slimo(スリモ)ヴィトロ/大聖堂のステンドグラスがイメージのレザー

 財布がパンパンになってしまう原因や財布をパンパンにしないためのコツを理解することができました。

しかし、財布選びも財布がパンパンになるのを防ぐ上で重要なポイントです。ここでは、財布がパンパンになるのを防ぐためのおすすめの財布をご紹介します。

 

▼画像の商品はこちら▼

slimo(スリモ)ヴィトロ/大聖堂のステンドグラスがイメージのレザー

27,000円(税込29,700円)

  

■スリムだけどしっかり入る薄型長財布

1つ目のおすすめの財布は、スリムだけどしっかりと入る薄型長財布です。

薄いですが、以下のようなスペースがそれぞれが独立しています。それぞれ十分なスペースが確保してあるので、取り出しやすさなど使い勝手は非常に良いです。 

  • カードポケット
  • お札スペース
  • 小銭
  • フリースペース

また、小銭スペースが大きいため、小銭がかさばらず沢山収納可能です。財布自体はスリムなので、バッグでもスマートに収納でき使い勝手も良い点が魅力となります。

 

■コンパクトだけどたくさん入る二つ折り財布

財布からお金を出す手元

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

2つ目におすすめの財布は、コンパクトだけど沢山入る二つ折り財布です。このタイプの財布の魅力は収納力と持ち歩きやすさにあります。

ズボンやスーツのポケットなどにもすっぽりと入るので、使い勝手が良いです。カードや小銭を入れるスペースも独立しており、すっきりと収納することができます。

沢山入れることができる蛇腹状の物もあるので二つ折りタイプではそちらもおすすめです。

 

■必要なものだけしまえるミニ財布

おすすめの財布に、必要なものだけしまえるミニ財布も挙げられます。ミニ財布の良いところは、必要なものだけを厳選して収納できる点です。

もともとの財布の収納力が限られるため、最低限の物だけをすっきり片づけることができます。

収納する物をあらかじめ厳選する必要がありますが、パンパンにならないようにミニ財布を選ぶことは非常に有効な方法です。

ATAO(アタオ)では、ミニ財布として三つ折りタイプのwaltz(ワルツ)シリーズがあります。豊富なデザインを取り揃えているので、ぜひチェックしてみてください。

 

ATAO(アタオ)の財布を見てみる

 

財布をパンパンしないためには

limo(リモ)ヴィトロ・アンティークルビー

財布がパンパンになると、必ずしもそうなるとは限りませんが、貧乏になる可能性があります。 

また、パンパンの財布が見えたときにだらしないと感じられてしまうケースもあるでしょう。 

そういったイメージを持たれないためにも、常に財布はきれいに整理して使う必要があります。

財布をパンパンにしないためには、レシートやカードの整理などいくつかのポイントを押さえて収納しすぎないようにしましょう。

また、自分の使い方やスタイルに合わせて財布を選ぶことも必要です。

カードを沢山持っておきたいタイプや現金主義など、自分の使い方を踏まえて選びましょう。 

ATAO(アタオ)では、豊富な財布を取り揃えています。自分のスタイルに合ったお気に入りの財布が見つけられるので、ぜひチェックしてみてください。

 

ATAO(アタオ)の財布を見てみる

 

▼画像の商品はこちら▼

limo(リモ)ヴィトロ・アンティークルビー

30,000円(税込33,000円)

 

スッキリと整理された財布で毎日のお買い物を快適に

limo(リモ)ヴィトロ・アンティークルビー

財布がレシートやカードでパンパンになっていると、必ずしもそうなるとは限りませんが、貧乏になってしまう可能性があります。

普段の生活で必要ないものは整理して、不要なレシートや割引券がたまることのないようにしましょう。

また、財布の使い方を見直すのであれば、自分のスタイルに合った財布を見つける手も有効です。

ATAO(アタオ)ではさまざまなタイプの財布を多数取り扱っています。自分の好みのデザインやスタイルの財布を見つけられるので、ぜひ一度ラインナップをご覧ください。 

 

ATAO(アタオ)の財布のラインナップをチェック!

 

 

▼画像の商品はこちら▼

limo(リモ)ヴィトロ・アンティークルビー

30,000円(税込33,000円)