財布と小銭入れを両方持つメリットはこれ!デメリットや財布や小銭入れを選ぶ時の注意点も解説します

 slimo(スリモ)・パイソン

ついつい財布にカードや小銭を入れすぎてしまい、財布がパンパンに膨らんでしまうという経験は誰しもあるものです。

少しでも財布の中身をスッキリさせるために有効なアイテムが小銭入れ。財布の小銭入れスペースもすっきりさせることができます。

しかし、あまりメリットもなくわざわざ使い分けるほどではないと感じている人も多いでしょう。

そこで本記事では、財布と小銭入れ両方を持つメリットをご紹介します。

デメリットや財布・小銭入れを選ぶ際の注意点も合わせて解説するので参考にしてください。


財布と小銭入れを使い分ける理由って?

limo(リモ)ヴィトロ・アンティークルビー

財布と小銭入れを使い分ける理由とは何か、疑問を持っている人も多いでしょう。

特に財布で事足りている方であれば、全く必要ないと感じてしまいます。

しかし、小銭入れと使い分けると非常に便利です。第一に財布がパンパンになることがありません。

現金支払いの多い方は、いつのまにか小銭入れが硬貨でいっぱいになっている経験があるのではないでしょうか。

このような時に、小銭入れに分けて入れておくことで財布をスッキリさせることができ、さらには数百円程度のお買い物なら小銭入れで支払いを済ませられるスマートさも生まれるのです。

現在の財布で全く問題ないと感じている人も多いかもしれませんが、小銭入れを持つことで財布の使い方にも良い影響があるため、人気を集めています。


▼画像の商品はこちら▼

limo(リモ)ヴィトロ・アンティークルビー

30,000円(税込33,000円)


財布と小銭入れを両方持つメリットはこれ!

財布と小銭

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

ここまでは財布と小銭入れを使い分ける大まかなご紹介をしてきましたが、両方を持つことでより具体的なメリットもあるのです。

メリットの内容によっては、現在の財布の使い方をよりよくすることができるかもしれません。

ここでは、財布と小銭入れを両方持つメリットについてご紹介します。


■お札とコインを分けられる

1つ目のメリットは、お札とコインを分けられるという点。通常の財布にはお札と小銭のどちらも入れます。

支払いの際に、お札と小銭どちらも使うシーンが多いため小銭入れと分けるメリットはないように感じるかもしれません。

しかし、自動販売機での支払いなど少量の買い物の場合、小銭で支払いできる際には小銭入れが大いに役立ちます。

わざわざ大きな財布を出して、中から小銭を出さなくてよいためです。小銭入れであれば、小銭を探す手間が少なくスマートに支払えます。

支払い時の振舞いもスマートになるため、小銭入れを持つメリットは大きいといえるでしょう。


■財布に余裕ができる

slimo(スリモ)ヴィトロ・アンティークルビー

財布に余裕ができる点も両方持つメリット。先述したように、財布にはカードや小銭などをついつい沢山入れてしまいます。

すぐに使わないポイントカードなども入れたままにしてしまうので、常にものが詰まっている方も多いのではないでしょうか。

そのような財布の場合、小銭を出そうとすると必要ないものまで出てきてしまうものです。小銭入れを使えば、この問題はすぐに解決できます。

小銭のほとんどを小銭入れに入れるので、財布の小銭スペースはスッキリします。小銭は何かとかさばるため、財布の中から出すことができたら思っている以上にスッキリするでしょう。

財布の小銭ポケットの中がスッキリしたからといって、他にもものを詰め込んで良いわけではありませんが、余裕が出ることが非常に大きなメリットとなります。


▼画像の商品はこちら▼

slimo(スリモ)ヴィトロ・アンティークルビー

27,000円(税込29,700円)


■中身を把握しやすい

両方持つと、先述したように財布に余裕ができるため、中身を把握しやすくなる点もメリット。

財布がものであふれてパンパンになっていると、カードやレシートなどが重なって、どこに何が入っているのか把握しづらくなります。

しかし、小銭入れを使う事で財布の中に余裕が生まれると他のものまで把握しやすくなるのです。無くしたと思っていたカードが見つかるかもしれません。

お札もいくら残っているのかなど中身が把握しやすくなれば、使った金額を把握でき、無駄な出費を防ぐことにもつながるでしょう。

また、小銭入れの中身も把握しやすくなることも大きなメリットとして挙げられます。財布の小銭スペースでは中身がいくらくらいあるのかすぐにわかりにくいものです。

形状にもよりますが、ほとんどの小銭入れの場合、大きく開いていくらあるのか把握しやすい形状となっています。

そのため、小銭入れを持つことで、財布・小銭入れ両方の中身を把握しやすくなるのです。


■小銭が取り出しやすい

小銭と財布

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

最後に、小銭が取り出しやすい点もメリットにあげられます。

小銭入れの場合、製品により形状の違いはありますが、大きく開いて小銭が取り出しやすい形になっているものが多いです。

そのため、財布から小銭を取り出すよりも、圧倒的に小銭入れから出す方が素早くスマート。

財布と小銭入れを分けることで、取り出しやすさにも大きく関わってくるため、両方持つことは大きなメリットがあるのです。

ATAO(アタオ)では、中身を把握しやすく小銭が取り出しやすい財布を多数揃えています。使い勝手の良い財布が見つけられるので、ぜひご利用ください。


ATAO(アタオ)の財布を見てみる

両方持てば金運アップも期待できる

limo(リモ)ヴィトロ/大聖堂のステンドグラスがイメージのレザー

財布と小銭入れの両方を持つことで金運アップが期待できます。これは、先述したように財布の中身が整理できることと関係が大きいです。

財布の中身がカードやレシートでいっぱいになり片付いていないと、財布にいくら入っていて、いくら使ったのかわかりにくくなります。

そのままの状態が続くとお金がたまりにくくなるでしょう。しかし、小銭入れを持つことで財布を少しでもスッキリと片づけることにつながります。

財布の中身が確認しやすくなるため、いくら使ったのかも把握できるようになるのです。

このようなことから、財布と小銭入れ両方を持つことでお金の管理ができるようになり、金運アップが期待できるということにつながります。

 

▼画像の商品はこちら▼

limo(リモ)ヴィトロ/大聖堂のステンドグラスがイメージのレザー

30,000円(税込33,000円)


時にはデメリットも…

limo(リモ)パイソン・バイカラー

金運アップにつながるなど、財布と小銭入れの両方を持つことでメリットは多いことがわかりましたが、良いことばかりではありません。

使い方によってはデメリットもあるのです。ここでは、財布と小銭入れ両方を持つことで発生するデメリットもご紹介します。


▼画像の商品はこちら▼

limo(リモ)パイソン・バイカラー

33,000円(税込36,300円)


■会計のたびに両方出すのは面倒

1つ目のデメリットは、会計のたびに両方出すのは面倒なこと。財布と小銭入れのどちらにもお金が入っているため、これは避けられない問題となります。

お札ばかり出していては、常にお釣りで小銭が発生してしまうため、ある程度は小銭を使う必要があるでしょう。

小銭を使うためには、小銭入れを取り出さなければなりません。財布を開いて、その後小銭入れを開いて小銭を出すという手順を何度も行うのは面倒と感じてしまうでしょう。


■荷物が増える

赤い荷物

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

荷物が増えるということも、デメリットとして挙げられます。小銭入れなので、決して大きな荷物になるわけではありません。

しかし、財布と一緒に持ち歩くことになるため、カバンやポケットに入れる必要が。

持ち歩く荷物が1つ増えると考えるとデメリットとなるでしょう。特にポケットで財布を持ち歩く場合、2つのポケットが埋まってしまい窮屈に感じる可能性は高いです。

 

■どちらかを忘れてしまうリスクも

3つ目のデメリットとして、どちらかを忘れてしまうリスクが伴うという点が挙げられます。

財布と小銭入れの両方を持ち歩く習慣ができている人であれば、忘れることも少ないかもしれません。

しかし、これから小銭入れを持つ人は、財布を忘れることは少ないかもしれませんが、小銭入れを忘れる可能性は十分考えられます。

小銭入れを忘れて支払いができないわけではありませんが、結局小銭を財布に入れてしまうことになるのです。

小銭が増える一方で減らないため、忘れてしまうリスクは大きなデメリットとなります。


財布や小銭入れを選ぶ時に注意することは?

limo(リモ)・クロコ

財布と小銭入れの両方を持つ際のメリット・デメリットを知ったことで、これから財布と小銭入れを選んで両方持とうと考えている人もいるかもしれません。

それでは、両方持つ前提でどのような財布や小銭入れを選んだらよいのでしょうか。ここでは、財布や小銭入れを選ぶ時に注意すべきポイントをご紹介します。


▼画像の商品はこちら▼

limo(リモ)・クロコ

78,000円(税込85,800円)

 

■使い勝手をチェックする

1つ目の注意点は、使い勝手をチェックすること。財布や小銭入れにはさまざまな種類があります。

容量が大きい財布や最低限のものしか入れられないコンパクトなミニ財布。小銭のみの小銭入れやカード数枚など他のものも入れられる小銭入れなどもあるのです。

ひとつひとつで使うことだけなく、両方を持ち歩き使用することを考えてチェックしましょう。

例えば、カードなどが入らない容量の大きな小銭入れを持ち歩くならば、財布に大容量の小銭入れは必要ありません。

反対にカードを収納できるポケットが多い方が、今後使用するうえでは役立つでしょう。

このように、両方持つのであれば、それぞれに必要・不必要な機能をあらかじめ定めてから選ぶ必要があります。


■色の持つ意味や効果を調べる

紫の財布

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

色の持つ意味や効果を調べて選ぶことも重要なポイントです。

例えば黒や茶色の財布や小銭入れであれば、カジュアルシーンからビジネスシーンまで広く対応できます。

小銭入れをポケットから出してスマートに支払う姿は、好印象を相手に与えるでしょう。

しかし、小銭入れはコンパクトなタイプが多いからこそ明るい色にして、カバンなどで見つけやすくするといった機能性を持たせることも重要です。

カラフルな小銭入れであれば、カバンの中でも行方不明にならず簡単に見つけられるでしょう。

また、実用的な効果だけでなく、風水の意味での効果もあります。

絶対に信用できるわけではありませんが、財布は多くの人が風水の意味を大切にする傾向があるのです。

例えば、緑色であれば芽吹く木々を連想させるため、地道にお金を稼ぐことに対して力を貸してくれるといいます。

黒であれば、閉鎖的な色なのでお金を財布の中に閉じ込めて貯まりやすくなるなどの意味も。

こういった色の持つ意味や効果を調べておくことも、注意すべきポイントとなります。欲しい色が見つかったら、ATAO(アタオ)をぜひご覧ください。

ATAO(アタオ)の財布を見てみる

■本当に両方必要か検討する

本当に両方必要かを改めて検討することも、選ぶときの注意点です。

財布と小銭入れの両方を持つことは、確かにメリットも多く使い勝手も良いでしょう。

しかし、そもそも財布にものを沢山入れることがない方や、支払いはクレジットカード支払いが多い方などは小銭入れの必要性は大きくないと考えられます。

小銭入れが必要な人は、主に次のような人です。

  • 持ち歩く小銭の量が多い
  • 小銭の使用頻度が多い
  • 普段から小銭で財布がいっぱいになる

そのため、自分の使用頻度や支払いスタイルなどを改めて考え、本当に両方必要か吟味しましょう。

便利そうと購入してみても、せっかく購入したのに結局使わないといったことにもなりかねないので、注意する必要があります。

ATAO(アタオ)では、slimo(スリモ)などのスリムながらも収納力の高い財布を多数展開中です。本当に両方必要かご検討の際には、収納力の高い財布も一緒にチェックしてみてください。


せっかく選ぶなら質の良いものを

slimo(スリモ)・パイソン

財布と小銭入れを選ぶうえでの注意ポイントは、非常に重要です。しかし、もし本格的に選ぶのであれば、せっかくなので質の良いものを選びましょう。

素材やデザインは、特に財布や小銭入れの質に大きく関係するのです。革やエナメル素材などであれば、高級感やおしゃれさも兼ね備えます。

また、デザインもシックなタイプや装飾が沢山施してある物などさまざま。好みだけでなく、質にもこだわって良いものを選びましょう。

ATAO(アタオ)では、上質な財布を豊富に取り揃えています。あらゆるシーンに対応できるアイテムも揃えているので、ぜひチェックしてみてください。


ATAO(アタオ)の財布を見てみる

 

▼画像の商品はこちら▼

slimo(スリモ)・パイソン

29,000円(税込31,900円)


こだわりの財布や小銭入れを探しているなら

slimo(スリモ)ヴィトロ・アンティークルビー

財布と小銭入れを両方持つことで、今以上に便利でスマートな財布の使い方ができるようになります。

小さな小銭入れだとしても、財布に大量の小銭を収納して使うよりは圧倒的に使い勝手が良いです。

しかし、両方持つことでのデメリットもあるため、これらもきちんと把握しておかなければなりません。

こだわりの財布や小銭入れを探しているのであれば、ATAO(アタオ)がおすすめ。さまざまなデザイン・タイプの財布を取り揃えています。

お気に入りのアイテムを見つけられるので、ぜひチェックしてみてください。


ATAO(アタオ)の財布を見てみる

 

▼画像の商品はこちら▼

slimo(スリモ)ヴィトロ・アンティークルビー

27,000円(税込29,700円)


お気に入りの財布と小銭入れなら毎日がストレスフリーに

limo(リモ)ヴィトロ/大聖堂のステンドグラスがイメージのレザー

財布と小銭入れを持つことで、財布だけを使っていた時よりも財布に余裕ができて、スマートな振る舞いも可能になります。

小銭入れの存在は、毎日をストレスフリーにしてくれるでしょう。しかし、財布と小銭入れの両方持ちが、全員に適しているわけではありません。

普段の財布の使い方と照らし合わせて、メリットが少ない方もいるのです。きちんと吟味して、小銭入れを持つかどうかを検討しましょう。

ATAO(アタオ)では、豊富なタイプやデザインの財布を多数取り揃えています。お気に入りの財布を発見できるので、ぜひ一度ご利用ください。


ATAO(アタオ)の財布を見てみる

▼画像の商品はこちら▼

limo(リモ)ヴィトロ/大聖堂のステンドグラスがイメージのレザー

30,000円(税込33,000円)