ミニ財布は使いにくい?ミニ財布の魅力や選ぶときにこだわるべきポイントもご紹介します

限定「ボタニカルシリーズ」waltz(ワルツ)

 昨今、キャッシュレス化が進んでおり、コンパクトな財布や薄型の財布が人気を高めています。

カードや小銭など収納できる量に限りはありますが、コンパクトな財布だからこそ身軽に使えるなどのメリットも。

そんな人気のコンパクトな財布の中でも、ミニ財布は特に注目されています。手のひらサイズになるものもあり、非常に持ち運びに便利です。

しかし、そのサイズ感の小ささ故に一部の方からはミニ財布は使いにくいという声を聞くこともあり、自分にとってミニ財布は本当に使いやすいのかと疑問を感じている方もいるでしょう。

そこで本記事では、ミニ財布の魅力や選ぶときにこだわるべきポイントなどをご紹介します。


ミニ財布ってどんな財布?

限定「ボタニカルシリーズ」(waltz(ワルツ)/名刺入れ)

ミニ財布と聞くと名前の通りコンパクトな財布というイメージがあるかと思いますが、どのような財布のことを表しているのでしょうか。

ミニ財布の特徴としては、次のものが挙げられます。

  • 手のひらに収まるほどのコンパクトさ
  • 最低限のものだけを収納できる
  • 持ち運びに便利

コンパクトなサイズのため、持ち運びに便利で小さなカバンの中でも場所をとりません。また、最低限のものだけの収納となるため、財布自体が非常に軽量。

ミニ財布の中には二つ折りタイプや三つ折りタイプいった種類があり、自分のスタイルに合わせて選ぶことができます。

普段から財布の中身はスッキリさせて、最低限のものだけを収納できればいいという方には、ミニ財布は非常に便利でしょう。

ATAO(アタオ)では、三つ折りタイプの財布としてwaltz(ワルツ)シリーズをご用意しています。ぜひデザインや機能性をチェックしてみてください。

 

▼こちらの画像で使用されている商品はこちら▼

限定「ボタニカルシリーズ」(waltz(ワルツ)/名刺入れ)

25,000円(税込27,500円)/17,000円(税込18,700円)


ミニ財布が使いにくいと感じる理由を解説!

ワルツ・ルーク/シャンパン

ミニ財布がどういったものか把握することができました。ミニ財布はとりわけ最低限のものだけを入れておけば良いと考える人に向いていることがわかりました。

しかし、実際に使ってみたことがある人の中には、自分のライフスタイルと合わずミニ財布が使いにくいと感じている人もいるようです。なぜ使いにくいと感じるのでしょうか。

ここでは、ミニ財布が使いにくいと感じる理由について深堀していきます。


◼️お金やカードが出しづらい

使いにくいと感じる理由の1つとして、長財布と比べ現金やカードが出しづらいことが挙げられます。通常の長財布であれば、現金やカードを出す際には見渡しやすいのでスムーズに取り出せます。

これは、現金を入れるスペースが広く確保してあり、カードポケットなどが多数用意してあるためです。

しかし、ミニ財布の場合はデザインによっては現金やカードが出しづらく感じることもあるようです。特に小銭を収納するスペースが長財布に比べて小さいことから、会計時に必要な小銭を取り出しづらいと感じる人がいるようです。

また、ミニ財布はほとんどが折りたたみ式の財布形状をしているため、折り目に引っかかってしまいカードが出しづらくなることも。

収納スペースや形状の問題から、使いにくいと感じる人もいるようです。


◼️容量が少ない

コンパクト財布

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

長財布に比べ容量が少ないこともミニ財布が使いにくいと感じる方がいる理由の1つとしてあるようです。ミニ財布は、そのコンパクトな見た目からも分かるように他のタイプの財布よりも収納できる容量に限りがあります。

カードは数枚のみの収納となり、お札も形状の関係から沢山収納することは難しくなっています。あまりに収納すると、財布がたためなくなってしまう可能性があるからです。

また、小銭入れも他のタイプの財布と比べると小さいものも多いため、小銭も最低限の量のみ入れられるようになっています。サイズ感が大きく違うため、当然ともいえますがミニ財布は長財布と比べて容量が少なくなっているのも特徴のひとつです。

特に現金支払いが多い方や沢山のカードを持ち歩きたい人には、場合によっては使いづらいと感じるシーンはあるかもしれません。


◼️大きいバッグに入れると探すのが大変

ミニ財布はコンパクトで持ち運びに便利ですが、一方で大きいバッグに入れると探すのに手間取ってしまうこともあるかもしれません。

これが理由でミニ財布を使いにくいと感じる人もいるようです。ミニ財布はコンパクトであるため、バッグの中にすっぽりと収まります。

他のアイテムの出し入れの邪魔になることは少ない反面、大きいバッグに入れると奥の方に入ってしまい、取り出す際に探し出すのが大変になってしまうこともあるようです。

バッグの大きさによっては、財布を変えて使用するという方もいるかもしれませんね。

また、ミニ財布の色味を明るい色をチョイスすることで見つけやすさをアップさせている方もいるようです。

 

使いにくいと感じているならミニ財布の使い方を見直そう

ワルツ・クロコ/デニム

ミニ財布はコンパクトな点が使いやすい特徴のひとつですが、人によっては使いにくいと感じてしまうことがある財布でもあることがわかりました。

特に収納力については、思ったようにものを入れられないため沢山持ち歩きたいという方には使い勝手が悪いと感じてしまう人もいるようです。

ミニ財布を使いにくいと感じてしまう人は、ミニ財布の使い方を見直してみるのはいかがでしょうか。

収納すべきものを検討し、自分の使い方がミニ財布とマッチしているかを考え直してみるのも良いかもしれません。


ミニ財布は魅力がたくさん!

Bell・Vitro(ベル ヴィトロ)

ミニ財布が使いにくいと感じる理由を知ることができましたが、それでもミニ財布は非常に魅力あふれるアイテムです。

ミニ財布に買い替えようか悩んでいる方もミニ財布の魅力を改めて知ることで、より一層ミニ財布を使いたいと感じるようになるでしょう。
ここでは、ミニ財布の魅力についてご紹介します。

 

◼️なんといってもそのコンパクトさ

1つ目の魅力は、なんといってもそのコンパクトさ。他の財布とは違って、ミニ財布は折りたたむことで非常にコンパクトにできます。

バッグだけでなく、ズボンのポケットなどにもすっぽりと収まるほどコンパクトなので、非常に持ち運びにも便利ですし、流行のミニバッグやポシェットにも収めることができます。

また、コンパクトなのでバッグの中で、他のアイテムを取り出す際の邪魔にもなりづらいのもメリットの1つです。

長財布の場合、手が小さい人であれば扱いにくいことがありますが、ミニ財布であれば手のひらサイズなので手が小さい人にも扱いやすいことが魅力に挙げられます。


◼️本当に必要なものがわかる

財布とお金

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

ミニ財布を使うことで、本当に必要なものだけがわかるという点も魅力のひとつです。

長財布の場合、財布の収納力が高いため、カードやレシートなどついつい沢山のものを財布の中に入れてしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、ミニ財布であれば、小銭やカードなど収納できる量が限られているため、何をどれくらい入れるべきか吟味することができます。

そうすると、本当に必要なものが明確化でき、財布の中にどれだけ入れておくべきなのかも把握することが可能になります。

収納力が限られるミニ財布だからこそ、余分なものを入れずに財布に入れておくべきものを整理できる点は大きな魅力です。


◼️軽量感

ミニ財布の魅力は軽量感も挙げられます。先述した通り、ミニ財布に入れられるものは最低限のものと限られています。

カードや小銭の収納できる量が長財布と比べて少ないため、財布が重くならないのも魅力のひとつです。小銭やカードが大量に入ったお財布は、収納すればするほど財布も重くなってしまう傾向にあります。

カバンが重くなってしまう原因にもなり、ポケットに入れて持ち歩く場合は、服の型崩れを引き起こす原因にもなる可能性があります。

ミニ財布であれば収納量に限りがあり重くなりにくいため、上記のような事態が起こりうる可能性も比較的低いでしょう。

 

ミニ財布の形

bellベル ハッピーヴィトロキャトル

ミニ財布の魅力を把握できたところで、どのようなミニ財布を選ぼうか悩み始めた人もいるのではないでしょうか。

ミニ財布には大きく分けて2種類の形状があります。形によって使い勝手も異なるため、ここではその2種類のミニ財布の形について解説していきます。

今後のミニ財布選びの参考にしてみてくださいね。


◼️容量たっぷり二つ折り財布

1つ目の形は二つ折り財布です。二つ折り財布はミニ財布の中でも比較的容量が多いことが特徴に挙げられます。

小銭入れに広めのマチが設けてあり、カードも多数のポケットが用意してあるタイプとなります。

長財布などと比較すると収納力は劣りますが、ミニ財布の中では容量が大きいタイプとなるため、できるだけカード・小銭を収納したいと考える方にはおすすめです。


◼️手のひらサイズの三つ折り財布

ワルツ(ケリー)

2つ目の形は、三つ折り財布です。三つ折り財布は、3つにたたむことで非常にコンパクトになることが大きな魅力です。

二つ折り財布よりもコンパクトになるものが多く、手のひらサイズまで小さくなります。

しかし、折りたたむためやや厚みが生じる点はデメリットと感じる方もいるかもしれません。ポケットに入れた際には、厚みが少し気になるということもあるでしょう。

容量は二つ折り財布よりも少ないですが、本当に必要なものをより明確化することができます。

ATAO(アタオ)では、様々な形状の財布を揃えており、目的に合ったアイテムを選ぶことが可能です。ぜひラインナップをチェックしてみてください。

また、ATAO(アタオ)では三つ折りタイプの財布としてwaltz(ワルツ)シリーズがあります。ぜひこちらの商品もチェックしてみてください。

 

ATAO(アタオ)の財布を見てみる

 

ミニ財布を選ぶときにこだわるべきポイント

ワルツ(ケリー)

ミニ財布にも二つ折りと三つ折りのタイプがあることを把握できましたが、ミニ財布選びにおいては他にもこだわるべきポイントがあります。

それがデザイン・素材・装飾の3つです。ここでは、ミニ財布を選ぶときにこだわるべきポイント3つをご紹介します。


◼️デザイン

1つ目のポイントはデザイン。財布は色々なデザインのものがありますが、ミニ財布においてもデザインはさまざまあります。

明るい色が配色されたカジュアルなデザインや、黒を基調にしたシックなデザインなど多種多様です。

自分のファッションや財布以外の小物と雰囲気の合うデザインを選ぶのもいいでしょう。

ATAO(アタオ)では、limo(リモ)パイソン・バイカラーなどのおしゃれなデザインの財布を多数取り揃えています。ぜひチェックしてみてください。


◼️素材

素材もこだわるべきポイントのひとつとして挙げられます。ミニ財布の素材としては、革・エナメル・ビニール素材などさまざまなものがあります

素材ごとの特徴があり、革で作られた財布であればカジュアルからビジネスシーンまで幅広く対応してくれる点が魅力。

また、革素材は経年変化を楽しめる素材でもあります。財布を使い続けることで味が出て、オリジナルの財布に変わっていく点魅力です。

エナメル素材は、艶のある素材であり高級感が感じられる点が魅力となります。他の素材と比べると汚れなども付きにくいため、使い勝手が良い点も大きなメリットです。

 

ビニール素材は強度が魅力に挙げられます。水に濡れても問題なく、本革のような定期的なメンテナンスも必要なく使い続けられる点が魅力です。

 

ATAO(アタオ)では、【限定】slimo(スリモ)・クロコシリーズなどの希少なクロコダイルを使った革素材の財布も取り揃えています。革の質感やデザインなども合わせてチェックしてみてください。

 

◼️装飾

コンパクトな財布

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

最後に、ミニ財布を選ぶ際には装飾にもこだわってみてはいかがでしょうか。

コンパクトな財布であるため、一見すると目立たないかもしれませんが装飾がされていることで華やかで上質な財布となります。

ワンポイントとなるボタンや留め具部分の装飾などはこだわっているものも多いです。また、ファスナーの色にもこだわっている財布も。

目立ちにくい装飾であっても、しっかりとアクセントとなるので、お気に入りの装飾であるかも含めて検討していただくのがおすすめです。

ATAO(アタオ)では、デザイン・素材・装飾にこだわった財布が多数揃っています。お気に入りの財布を見つけられるので、ぜひご覧ください。

 

ATAO(アタオ)の財布を見てみる

 

使いやすいミニ財布を見つけるなら

ワルツ(ヴィトロ)

素材もこだわるべきポイントのひとつとして挙げられます。ミニ財布の素材としては、革・エナメル・ビニール素材などさまざまなものがあります

素材ごとの特徴があり、革で作られた財布であればカジュアルからビジネスシーンまで幅広く対応してくれる点が魅力。

また、革素材は経年変化を楽しめる素材でもあります。財布を使い続けることで味が出て、オリジナルの財布に変わっていく点魅力です。

エナメル素材は、艶のある素材であり高級感が感じられる点が魅力となります。他の素材と比べると汚れなども付きにくいため、使い勝手が良い点も大きなメリットです。

 ビニール素材は強度が魅力に挙げられます。水に濡れても問題なく、本革のような定期的なメンテナンスも必要なく使い続けられる点が魅力です。

 ATAO(アタオ)では、【限定】slimo(スリモ)・クロコシリーズなどの希少なクロコダイルを使った革素材の財布も取り揃えています。革の質感やデザインなども合わせてチェックしてみてください。

  

ATAO(アタオ)の財布を見てみる

 

お気に入りのミニ財布で気分を上げよう

ワルツ(ヴィトロ)

ミニ財布は、非常にコンパクトで使いやすい財布です。持ち運びしやすく、最低限の収納力で使いこなせるスマートな財布といえます。

ご自身の財布の使い方と収納力を照らし合わせて、本当に必要なものを選び抜き、上手く利用できたらより便利ですね。

もし使いにくいと感じた場合は、使い方や形状などを改めて見直してみることもおすすめですよ。

ATAO(アタオ)では、さまざまなタイプの財布を多数取り揃えているため、きっとお気に入りの財布を見つけていただくことができますよ。

これから長く使う財布だからこそ、ラインナップをチェックしてあなたにとって最適なアイテムを見つけてくださいね。

 

ATAO(アタオ)の財布を見てみる