リュックは黒がオシャレ!色のイメージや使いやすい理由・おすすめの素材・選ぶ際のポイントも解説します

オールディ

出かけるときに両手が開いて動きやすく、必要な荷物を入れても負担がかかりにくいリュック。

ですがいざ購入しようと思っても大きさやデザインが豊富で迷ってしまいますよね。

バックパックやデイパックとも呼ばれ、安定した人気を誇るリュックタイプのバッグ。カラー展開も豊富ですが、特におすすめなのは黒なのです。

黒いリュックはオシャレで、使い勝手も抜群。

なぜ黒いリュックがオシャレで使いやすいのか、リュックを選ぶときに参考になる情報を詳しく解説していきます。


リュックは黒がオシャレ!

GAGA・ストリート(リュック)※こちらの商品は姉妹ブランドILEMER(イルメール)の商品になります

黒いリュックは荷物が出し入れしやすいだけではないのです。

どんな色柄にも合わせやすく後ろ姿をオシャレにしてくれるのが黒のリュック。さらにスタイルもよく見せてくれますよ。

小さめのリュックは肩ひもの長さを変えると一気にカジュアルになり、お尻のちょっと上に垂らすように使うと可愛らしい印象になります。

大きめのリュックは肩ひもを短めにすると動きやすくてスタイリッシュな印象になるので、おすすめです。


ATAO(アタオ)で黒のリュックを探す

 

▼画像の商品はこちら▼

GAGA・ストリート(リュック)

22,000円(税込24,200円)

※こちらの商品は姉妹ブランドILEMER(イルメール)の商品になります


黒のリュックが使いやすい理由はこれ!

オールディ

黒のリュックが使いやすい理由のひとつは汚れが目立たないこと。白や淡い色のリュックに比べ、汚れを気にせず使うことができるのは便利なポイントです。

しかしながら、黒のリュックが使いやすい理由はそれだけではありません。

ビジネススーツや制服など、服装を選ばずに大容量で使えるところが大きなポイント。

通勤や通学では荷物が多くなりがちですが、黒いリュックならきちんとした服装にもぴったり。カジュアルになりすぎることなく大容量の荷物を持ち運べますよ。

デザインもカジュアルなものからキレイめなものまで多彩なので、普段のファッションや活用シーンに合わせて選ぶこともできます。

黒いリュックに好きなアイテムをつければデザインや色も映えます。アイテムが目立つので推し活している人にもオススメなのです。


▼画像の商品はこちら▼

オールデイ

40,000円(税込44,000円)

 

■対応できるシーンが幅広いオールディ

黒のリュックは活用できるシーンや年齢を選ばないのもうれしいポイント。10代の学生から50代60代のシニア世代まで年齢を選ばず長く使えます。

黒というカラーも使いやすいポイントです。

通勤や通学といったフォーマルさを求められるシーンでは目立たずシックに馴染み、お出かけなどのプライベートシーンではファッションを引き締めてくれる黒。

プライベートのお出かけから通勤まで黒のリュックサック一つあれば大丈夫万能アイテムなのが嬉しいですね。

特に素材にレザーを使ったものは、より洗練された印象になります。

ビジネスの相棒にピッタリなのはもちろん、カジュアルファッションもかっこよくまとめてくれますよ。


▼画像の商品はこちら▼

オールデイ

40,000円(税込44,000円)

 

■コーディネートしやすい

PONPON※こちらの商品は姉妹ブランドILEMER(イルメール)の商品になります

黒いリュックは着る服を選ばないので手持ちの服とコーディネートしやすいのが嬉しいアイテム。

ワンピースと合わせると女性らしく可愛らしい印象に、パンツに合わせるとカジュアルでアグレッシブな印象になってとてもオシャレです。

黒を差し色にすると全体が引き締まって見えるのでコーデ初心者でも安心して使えます。

特にレザーを使ったきれいめデザインはビジネスや通学にぴったり。

大きめリュックはカジュアルな印象が強いですが、黒ならカジュアルになりすぎずどんなファッションにもなじみます。

ATAO(アタオ)の姉妹ブランドILEMER(イルメール)のPONPONならどんなファッションにも似合う上、大容量なのでママバッグにもおすすめです。

メンズファッションにも似合うので、ママ・パパ兼用で使えるのも嬉しいポイントですよ。


▼画像の商品はこちら▼

PONPON

18,000円(税込19,800円)

※こちらの商品は姉妹ブランドILEMER(イルメール)の商品になります

 

■流行に左右されないベーシックカラー

オールディ

毎年変わる流行の色ですが、黒は6色あるベーシックカラーの一つなので流行に左右されません。そのため長く使えるのもうれしいポイントなのです。

ベーシックカラーは黒の他に白、グレー、紺、茶、ベージュがあります。色合わせの基本色なので、ベーシックカラーを意識するとコーディネートしやすくなりますよ。

黒は流行に左右されず、どんな色にも似合うため使いやすいアイテムです。

流行に関係なく長く使えるから、上質な黒のリュックがひとつあると便利でおすすめですよ。


ATAO(アタオ)で上質な黒のリュックを探す

 

▼画像の商品はこちら▼

オールデイ

40,000円(税込44,000円)

 



ランキングをもっと見る

黒が持つ色のイメージ

黒いワンピースと麦わら帽子 dress

黒にはスタイリッシュで重厚感と高級感のあるイメージがあります。

そのためコーディネートに黒を入れると全体が引き締まり、気になる体型をカバーしてオシャレをワンランクアップしてくれるのです。

黒い服を上手に着こなしている人はスタイリッシュでかっこよく見えますね。

一方、全身真っ黒にしてしまうと肌がくすんでしまう、全体的に重たい印象になってしまうと苦手に感じる方もいるかと思われます。

そんなときは黒をワンポイントに使うと、重い印象になりすぎず全体を引き締めてくれますよ。


黒いリュックでおすすめの素材は?

オールデイ

黒いリュックを選ぶ基準の一つに素材があります。

素材はデザインの雰囲気に影響を与えるのはもちろん、実用面でも重要。

使う用途と素材が合わないと突然の雨でリュックの中身が濡れてしまったり、荷物を入れすぎて生地が裂けてしまったりとトラブルの原因になってしまうでしょう。

リュックを選ぶときは素材にもこだわってみるとグッと使いやすくなりますよ。


▼画像の商品はこちら▼

オールデイ

40,000円(税込44,000円)

 

■布

リュックと一人旅※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

布製のリュックは手触りがよく、価格も手に取りやすい価格のものが多いです。

そのため、お子様用から大人用まで幅広く普段使いに向いていています。

布製とはいっても縫製がきちんとされているものは耐久性も高く、長く使えて一つ持っていると便利です。

布のデメリットは水に濡れてしまうと乾きにくかったり、汚れが付くと落としにくかったりする点です。

特に布製の黒いリュックは埃やペットの毛がつきやすく目立つという弱点があるので、置く場所には気を付けましょう。


■ナイロン

黒のリュック※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

ナイロン素材で出来たリュックは適度な光沢があり、軽くて汚れに強いため実用性が高いといえます。

防水性も高く、早く乾くため様々な用途に向いています。

価格も手に取りやすいものが多く耐久性にも優れているため、アウトドアや登山など、たくさんの荷物を入れて移動するようなアクティブなシーンにも使いやすいです。

軽くて便利なナイロンですがデメリットもあります。紫外線に弱く変色しやすい静電気が起きやすいといったデメリットは意外と知られていません。

また高温に触れると溶けやすいため、火の側に置くときは注意が必要です。


■レザー

オールディ

レザーはどんなシーンでも使いやすく、高級感があるのでワンランク上のオシャレを楽しむことができます。

革製品の魅力は何といっても、使えば使うほど光沢と味が出るエイジングです。

お手入れをしながら大切に長く使えば自分好みの革に育てることができます。まさに一生の相棒になってくれるでしょう。

魅力的なレザーですがデメリットもあります。加工の仕方にもよりますが、撥水性のない加工のレザーは水に濡れるとシミが目立つことがあります。

またリュック自体が重くなりやすいこと、価格が高いことやお手入れの手間がかかることなどには注意しておきましょう。


ATAO(アタオ)でオシャレな黒のリュックを探す

 

▼画像の商品はこちら▼

オールデイ

40,000円(税込44,000円)

 

サイズは使いたいシーンに合わせて選ぼう

PONPON※こちらの商品は姉妹ブランドILEMER(イルメール)の商品になります

素材が決まったら次は大きさと容量です。気に入って購入したのにリュックが小さくて必要な荷物が入らなかったらショックですよね。

失敗しないように、使いたいリュックの容量を測っておくと便利ですよ。測り方は簡単で、縦×横幅×マチで計算するとリュックの容量を測ることができます。

あくまで容量の計算なので中身の重量には気を付けましょう。


▼画像の商品はこちら▼

PONPON

18,000円(税込19,800円)

※こちらの商品は姉妹ブランドILEMER(イルメール)の商品になります

 

■10リットル

リュックの中では最も小さいサイズで、コロンと可愛らしいフォルムが多いです。カジュアルから大人可愛いコーデまで幅広く使えて、後ろ姿を可愛く演出してくれます。

容量は財布とスマホと小さめのポーチが入るぐらいです。

必要最低限の荷物を持ち歩くのに適しているので、ちょっとしたお出かけやイベントなど人が多い場所でも邪魔にならずに活躍してくれるでしょう。


■20リットル

リュックサックの中で一番使いやすいサイズです。レディース・メンズ関係なく幅広いシーンで使えて一つ持っていると便利です。

A4サイズが入るものが多くPCを持ち歩くためのクッションが入っているものもあるので通学やビジネスでも使いやすいですね。

容量はノートパソコン、A4サイズの雑誌、薄手の着替え、長財布、スマホ、ポーチ、ペットボトルがすっぽり入ります。

一泊二日分の荷物なら余裕で入ってしまうので普段から荷物が多い方・通勤や通学にリュックを使いたい方・旅行やジムなどで着替えを持ち歩きたい方向けです。


■30リットル

リュックの中で一番の大容量で、一般的なブランドだけではなくアウトドアメーカーからも多く販売されています。

30リットルのリュックがあれば、持ち歩きたい荷物をなんでも詰めてキャンプやアウトドアを思いっきり楽しむことができます。

女性でも違和感なく使えて飛行機にも持ち込み可能です。

容量は3~4日分の着替え・タオル・ノートパソコン・A4サイズの雑誌・ポーチ・ペットボトル・長財布・スマホなどと、荷物が多い方でも必要なものがほぼ入ります

部活や仕事で使う荷物を全部詰めて移動したい方や、育児などで荷物が多くなってしまう方にオススメですよ。


リュックを選ぶ際のポイント

GAGA・ストリート(リュック)※こちらの商品は姉妹ブランドILEMER(イルメール)の商品になります

リュックを選ぶポイントは大きさ・容量・ノートパソコンが入るか・必要な荷物は入れられるか・肩への負担は軽減されるかなどがあります。

通学や通勤用に使いたい・アウトドアや登山に行くのに使いたい・必要最低限の荷物で出かけたいなど使用目的は人それぞれです。

自分に合ったリュックを使うと便利なリュックがいっそう快適になりますね。


▼画像の商品はこちら▼

GAGA・ストリート(リュック)

22,000円(税込24,200円)

※こちらの商品は姉妹ブランドILEMER(イルメール)の商品になります

 

■目的・用途に合っているか

どんなにデザインが素敵でも、必要な荷物が入らなくて使いづらいと使わなくなってしまいます。自分がどこに行くときに使いたいか、何を入れるかを考えてからリュックを購入しましょう。

ATAO(アタオ)では様々なシーンにぴったりのリュックをご用意しております。ご自身に合ったリュックを見つけられますよ。


■ファッションに合うか

黒いリュックは基本的にどんなファッションにも合いますが、もちろん例外もあります。

例えばフォーマルな印象のワンピースやハイヒールとカジュアルで大きめのリュックを合わせたら若干アンバランスな印象となってしまいます。

普段からきれいめな格好をすることが多い方は、小さめでレザー素材のリュックを使うとよいでしょう。


ATAO(アタオ)であなたにぴったりの黒いリュックと出会う

 

他にはない黒のリュックが欲しいなら

ATAOLAND +(アタオランドプラス)

他にはない黒のリュックが欲しいなら、是非ATAO(アタオ)のリュックをチェックしてみてくださいね。

ATAO(アタオ)ではビジネスシーンにもカジュアルシーンにも似合うレザーを使ったリュック「オールデイ」をご用意しています。

他にも様々なシーンで使いやすいリュックをご用意しておりますので、是非一度チェックしてみてくださいね。

理想のリュックがなかなか見つからない方にもきっとご満足いただける、大人デザインと機能性を兼ね備えたリュックがあなたをお待ちしています。


お気に入りの黒いリュックでお出かけしよう!

PONPONこちらの商品は姉妹ブランドILEMER(イルメール)の商品になります

黒いリュックは通勤からプライベートまで幅広く使えて、お手持ちの服と合わせやすいのでコーデが決まりやすい便利アイテムです。

デザイン性の好みや入れたい荷物が入るかをしっかり検討し、使うシーンを考えて探してみると自分に合ったリュックに出会えます。

流行や年齢に関係なく使えるのが黒いリュックの魅力です。

お気に入りの黒いリュックを見つけて仕事もプライベートも楽しみましょう!


ATAO(アタオ)でお気に入りの黒いリュックと出会おう

  

▼画像の商品はこちら▼

PONPON

18,000円(税込19,800円)

※こちらの商品は姉妹ブランドILEMER(イルメール)の商品になります



ランキングをもっと見る