入学式のママにふさわしいバッグはどんなもの?選び方のポイントや基本的なマナーを解説します

 ウィークデー

入学式はお子様とママにとって喜ばしい記念日です。節目のイベントですので、バッグは妥協のない一品を備えておきたいですよね。

どんなバッグで入学式に臨むと良いのか悩ましいというお声もいただきます。入学式に合わせたバッグを選ぶポイントや定番商品を解説します。

サイズ選びでも迷う方がいらっしゃるため、TPOに合った適切なサイズやサブバッグをぜひ参考にしてみてくださいね。


入学式のママにふさわしいもバッグって? アップル200クロシェ

入学式というセレモニーにふさわしいバッグは、清潔感があること。きちんと感が大切になりますのでラフなイメージは避けたいものです。

全体の印象を左右するくらい重要なアイテムですので、形や色はできるだけシンプルな方が良いでしょう。入学式にふさわしいおしゃれなバッグをご紹介していきます。

ATAO(アタオ)のクロシェシリーズはフランス語で「かぎ針」や「かぎ針編み」を意味するクロシェ柄をバッグやお財布に取り込んだデザインです。

シックになりがちな式典のコーディネートに取り入れるとオシャレで華やかな印象になります。

上品で可愛らしいバッグをお探しのママは是非、アップル200クロシェをチェックしてみてくださいね。


好感度が上がるATAO(アタオ)バッグはこちら

▼画像の商品はこちら▼

アップル200クロシェ

52,000円(税込57,200円)


入学式のママ向けのバッグ選びのポイント

カバンを持つ女性

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

エレガントなデザインのハンドバッグは人気ですが、荷物が多くなることを考えてトートバッグを選ぶママもいらっしゃいます。

バッグの素材や色は、お洋服や靴の色に合わせることもポイントです。ふさわしいバッグの素材や大きさのポイントをおさえておきましょう。


素材・色

思い出に残る入学式のバッグは本革をお持ちになりたい方は多いですよね。本革は上質感があり長く愛用できますし、どんなフォーマルシーンでも活躍できるためおすすめです。

合皮や布製も上品かつ風合いの良いバッグが増えています。毛皮・クロコ・パイソンなどは高級感が強く、綿・麻・ビニール製はカジュアルに見られる傾向があるのではないでしょうか。

色については、お子様の門出の日は明るく華やかな配色が好印象です。お洋服の色に合わせてホワイト・ベージュ・淡いピンクなどの明るい色味も素敵ですね。

定番のブラック・ブラウン・ネイビーはお洋服の色に合わせやすいこともあり人気のカラーです。カラフルな色合いは周りに溶け込みにくい印象があるかもしれませんので、ベーシックなカラーをおすすめします。


形状

一般的なフォーマルバッグは以下の3点があげられます。

  • ワンハンドル
  • かぶせ(ふた)のデザイン
  • ハンドバッグ

きちんとした印象を持たせたい方は、形状にこだわりましょう。形が崩れないスクエアタイプはきっちりとした印象になりますのでおすすめです。

例えば、くたっとした形状のものですとややカジュアル感・使用感が強くなる傾向にあるかもしれないので、フォーマルなシーンをイメージして選んでいきましょう。

 

大きさファンクヴィ

実際に、バッグに入れる所持品として財布・スマホ・ティッシュ・化粧品・スリッパ・カメラ・飲み物・筆記用具などがあげられます。

これらの所持品をまとめて1つのバッグに収めたい方はA4サイズが入るくらいの大きさが便利ですね。

所持品は個人差がありますのでサブバッグを持参することを含めて、メインバッグの大きさを選びましょう。

入学式の間、小ぶりなバッグは置き場所に悩まないというメリットがあります。背もたれ部分に収まるサイズですと安心でフォーマルなシーンに使いやすいです。

ATAO(アタオ)のファンクヴィは、4色のカラー展開でフォーマルにもビジネスにも活躍できるデザイン。A4の資料もすっきり収まる大きさです。


入学式のバッグに迷ったらATAO(アタオ)のバッグをチェック

▼画像の商品はこちら▼

ファンクヴィ

45,000円(税込49,500円)


入学式のママが持つバッグのマナーとは?

ジャッジする女性

フォーマルな場に出席する際のマナーとして気を付けたいこととは何でしょう?ブランド品でも大丈夫か、無地であれば問題ないかなど疑問に思うこともあるかと思います。

事前に基本的なマナーを知っておくと安心ですよね。特に気を付けたい項目は以下になります。


無地のものを選ぶ

派手な装飾のない、シンプルな無地がおすすめです。無地であっても以下のような生地や付属品は、フォーマルな場には派手に見えるかもしれません。

  • デニム生地
  • エナメル
  • 原色
  • スパンコール
  • キラキラ・ヒラヒラした装飾品
  • 派手なキーホルダー

ワンポイントで小さいリボンなど、上品な装飾品であればシンプルなので周りに溶け込みやすいでしょう。


ビビッドな色は避ける

目立ちやすく、コーディネートが難しいかもしれない派手なビビッドカラーは避けたいものです。普段から華やかな服装が好きな方も入学式は控えましょう。

上品で清楚な服装で出席しましょう。髪型やメイクも同じようにナチュラルに仕上げると良いですね。


ブランドがフォーマルではない

ブランド品は高級で上質で華やかですが、ブランド品=フォーマルという位置づけと考えない方が良いでしょう。

ロゴが全面にプリントされているものやモノグラム柄が目立つブランドバッグは、周りの親御さんから派手に見られてしまうこともありますので気を付けましょう。

初めて会うママさん同士が多いかと思いますので、第一印象はあくまでも落ち着きのある雰囲気が好印象です。


サブバッグがあると安心

トット

お子様の教材やパンフレットなど、入学式当日に渡される物が多くなるママにとって、収納力も欲しいところ。念のため、折りたたみのサブバッグがあると安心です。

デザインもシンプルな方が良いでしょう。ナイロンなどの素材は軽くて持ち運びにも便利でおすすめです。

ATAO(アタオ)では、サブバッグとして活躍できる商品をご用意しています。トットはA4サイズがピッタリ収まり、内側には3つのポケットを配備しています。

底に型崩れ防止の板が入っていますので重さを気にせずに毎日使いもできる優れものです。

サブバッグもおしゃれ感と実用性にこだわりたい方はチェックしてみてくださいね。


入学式のマナーに合わせたATAO(アタオ)のバッグはこちら

▼画像の商品はこちら▼

トット

16,000円(税込17,600円)




ランキングをもっと見る


入学式にママが持つバッグの定番を紹介chivy(チヴィ)クロシェ

入学式の定番バッグはいつの時代も変わらない人気があります。トレンドに左右されずに使用できるアイテムは1つ持っておくと安心です。

下記では定番のカラー・タイプ・素材を詳しくご紹介していきます。

 

▼画像の商品はこちら▼

chivy(チヴィ)クロシェ

40,000円(税込44,000円)

ベル/キーケース+ミニ財布

15,000円(税込16,500円)


カラーはブラック・ベージュなど

やはり定番カラーといえばブラック・ネイビー・ベージュ・グレーなどの、落ち着いたベーシックカラーがあげられます。

入学式だけでなく、先々のお子様の学校行事や冠婚葬祭などでも活躍しやすいカラーですので、出番が多く重宝されます。

どんな服装にもなじみやすいというのも定番カラーの特徴ですね。


小ぶりでかぶせのあるタイプ

バッグの口が閉じるかぶせのあるタイプは、見た目が美しくエレガントさが際立ちますので、フォーマルの場で定番のタイプです。

かぶせのないバッグの場合、収納の中身が見えないようにハンカチなどで覆うようにすることがマナーとされています。

スマホやハンカチなどの必要最低限のみ入るクラッチバッグをお持ちいただくのはいかがでしょうか。


素材は革製・合成素材

革製・合成素材のどちらも異なる特徴があり定番の素材になります。きめが細かく美しい革製は経年変化しにくく、長年愛用される素材で耐久性が比較的高いことが特徴です。

また合成皮革はお手入れが簡単で、比較的リーズナブルなためお手に取っていただきやすい素材です。

布製もフォーマルシーンでよく見られますが、いずれの素材も使用感や傷や糸のほつれなどがないかを確認しておきましょう。

ATAO(アタオ)では牛革を使用したchivy(チヴィ)クロシェが人気です。見た目からは想像ができない収納力で、ショルダーを外すとエレガントな雰囲気に変身します。

さらに500mlのペットボトルも入りますので、デイリーユースにもおすすめの商品です。気になる方はATAO(アタオ)公式オンラインショップをご覧くださいね。


定番カラー・定番素材をATAO(アタオ)からチェック

 

入学式のママが持つバッグは学校の雰囲気も考慮しよう

入学式

小学校から中学・高校へとステップアップしていくにつれ、入学式も厳粛な雰囲気が増していきます。

小学校は華やかで明るい装いのママが多いのに対し、中学や高校の入学式になると落ち着いたシックな装いのママが多い傾向です。

小学校の可愛い入学式の雰囲気とはガラッと変わりますので、お子様の成長に合わせてママも雰囲気を変えTPOに合わせた身だしなみで参加しましょう。

その地域や学校によって華やかなママが多かったり、スーツのママが多かったりと傾向があるかもしれません。

先輩ママさんに事前に聞いておくのも良いですね。学校のHPに過去の式典の写真が掲載されていることもありますので、リサーチしておくと安心です。


入学式のママのバッグは衣類とのバランスも重要

オシャレな服

バッグを選ぶ際、衣類とのバランスは重要です。バッグの色に悩んだら以下の方法を試してみてくださいね。

  • 当日の服装と靴の色に合わせる
  • 同系色でまとめる
  • 定番カラーから選ぶ

靴とバッグをブラックで統一するとスタイリッシュな雰囲気になりますし、スーツにホワイトなど明るい配色のバッグで華やかな雰囲気も素敵ですね。

グレージュや淡いピンクなどの淡色系は、幅広い色の服に合わせやすく上品さを演出してくれます。

全身ブラックのコーディネートになると弔事のスタイルにも見られやすいので、その際はバッグだけ差し色として違う色にすると良いでしょう。


入学式のママ向けのバッグを見つけたい方はこちら

アップル200

TPOに合わせたバッグを探すとき、定番の色形状大きさが揃っていると選びやすいですよね。

ATAO(アタオ)では、入学式のようなフォーマルなシーンで大活躍する豊富な種類のバッグをご準備しております。

例えば、上質な牛革を使用したアップル200は小ぶりでエレガントさを演出してくれますので、入学式にピッタリ。ご自身用や大切な方への贈り物にもおすすめです。

これからバッグをお探しでしたら、是非ATAO(アタオ)の商品をチェックしてみてくださいね。


▼画像の商品はこちら▼

アップル200

49,000円(税込53,900円)


入学式のママにぴったりのおしゃれなバッグを購入しよう

ファンクヴィ

今回は入学式にふさわしいママのバッグがテーマでしたが、兼用できるものとして、フォーマルな場で普段から使用できるデザインのバッグも大変人気があります。

例えば、ATAO(アタオ)のファンクヴィは防水レザーを使用しており、どんなお天気でも安心で使用後はさっと布で拭くだけでお手入れしやすいです。

牛革で上質な雰囲気を持ち、ノートパソコンも余裕をもって入れられる大きさで、さらに8つのポケットが施されており機能面でも毎日使いたくなるバッグです。

入学式というお祝いのイベントを迎えられるママにふさわしいバッグ、ご自身へのごほうびも兼ねてこれを機に新調を検討してみても良いでしょう。


フォーマルでおしゃれなバッグはこちら


▼画像の商品はこちら▼

ファンクヴィ

45,000円(税込49,500円)

アミュレット・ヴィトロ

36,000円(税込39,600円)



ランキングをもっと見る