流行の小さい財布の魅力を徹底解説!使いやすい小さい財布の条件や種類・選び方のポイントをご紹介します

ワルツベイビーチーク

キャッシュレス決済の流行など、現金をあまり持ち歩かなくなったという人が増えたのではないでしょうか。

その波から小さい財布が流行の兆しを見せつつあります。しかし、小さい財布には様々なタイプがあり、どのタイプが自分に合っているのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、小さい財布の魅力を徹底解説します。ライフスタイルに合わせた使いやすいタイプ・種類・選び方のポイントをご紹介するので、参考にしてみてくださいね。


流行の小さい財布の魅力を知りたい!

ベル/キーケース+ミニ財布

では小さい財布の魅力とはなんでしょうか?小さい財布というと、「長財布と比べてやや劣る」、「お札が折れてしまうかも」という心配もありますよね。

しかし、小さい財布は小さいからこその魅力があるのです。それはタイプの豊富さと、小型であるという点。

まずはタイプの豊富さです。長財布に匹敵する収納力が欲しいなら三つ折りや二つ折りタイプの財布がおすすめです。

札入れ部分とコインケース部分がついているため、お札も折らずに収納できます。

もし長財布の拡張として使いたい、小銭だけ入れば良いという人にはL字ファスナーやラウンドファスナータイプの小さい財布がおすすめです。

中でもATAO(アタオ)の「ベル」はキーケースとしてもコインケースとしても使えるL字ファスナータイプの財布です。

豊富なカラー展開でどんなコーディネートにも合わせられますよ。

また、小型であるというのも魅力の1つです。小さい財布は長財布と違い、バッグの大きさを選びません。タイプによってはレディースウェアのポケットにも入れられます。

このように、小さい財布には長財布にない魅力があります。長財布をずっと愛用してきた方も、この機会に小さい財布にしてみてはいかがでしょうか。

 

ATAO(アタオ)の「ベル」はこちら!

 

▼画像の商品はこちら▼

ベル/キーケース+ミニ財布

15,000円(税込16,500円)

 

使いやすい小さい財布の条件はこれ!

黄色い財布

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

長年長財布を使っていて、いざ小さい財布を選ぶとなるとどれが使いやすいのかわからないかもしれません。では、使いやすい小さい財布とはどんなものなのでしょうか?

まずは「自分が小さい財布をどう使いたいか」を考えることが大事です。例えばメインの財布として使いたい場合、収納力の面も考えたいところです。

そんなときは、三つ折りなど収納力抜群のタイプ選んでみてはいかがでしょうか。カードやお札がたくさん入る、長財布以上の収納力を誇る財布もあります。

一方、セカンド財布として使う場合はどうでしょうか?お札やカードは薄い長財布に、小銭や鍵などの小物を入れるために小さい財布を使う場合です。

この場合で二つ折りタイプを選ぶと、お札を入れる部分が必要ないかもしれません。あくまで小銭だけを入れたいという場合は、L字ファスナーなどの薄い財布がおすすめです。

このように、自分が小さい財布をどう使いたいかによって使いやすさが変わります。

逆にいえば、それぞれのライフスタイルに合わせたタイプを選べるのも小さい財布の魅力です。


小さい財布の種類は?

大人女子のスタイル

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

では、小さい財布にはどんな種類があるのでしょうか?大きく分けると4種類に分けられます。1種類ずつ特徴を解説していきましょう。


二つ折り 

PAL(パル)/ポトゥリブラン※こちらの商品は姉妹ブランドIANNE(イアンヌ)の商品になります

二つ折り財布は小さい財布のスタンダードなタイプです。カードなどの収納力は三つ折りにはやや劣りますが、あまりカードを持ち歩かない人には十分な収納力でしょう。

収納力はさほど高くない分、折るタイプの財布にありがちな「中身を入れすぎて分厚くなる」という心配はありません。

デザイン性も求めたい方には、ATAO(アタオ)の姉妹ブランドであるIANNE(イアンヌ)の二つ折りミニ財布「PAL(パル)」がおすすめです。

デザインは14種類の中から選べるため、こだわり派の方にもぴったりですよ。心配な膨らみも外に響かないデザインというのが魅力的です。

 

IANNE(イアンヌ)の「PAL(パル)」はこちら!

 

▼画像の商品はこちら▼

PAL(パル)/ポトゥリブラン

27,000円(税込29.700円)

※こちらの商品は姉妹ブランドIANNE(イアンヌ)の商品になります

 

三つ折り

ワルツベイビーチーク

三つ折りタイプは二つ折りタイプよりも収納力が高いため、カードを全て収めてしまう人が多いのではないでしょうか。

その分分厚くなりやすい傾向にありますが内側の生地を薄くしたりコインケース部分を薄くしたりなどの工夫を施しているものもあります。

中でもおすすめなのがATAO(アタオ)の「ワルツ ベイビーチーク」。機能性・デザイン性・実用性の全てを詰め込んだ三つ折りタイプの小さい財布です。

かわいらしさ・収納力・コンパクトさと、三つ折りタイプに欲しいものを全て詰め込んでいます。

 

ATAO(アタオ)の「ワルツ ベイビーチーク」はこちら!

 

▼画像の商品はこちら▼

ワルツベイビーチーク

26,000円(税込28,600円)

 

ラウンドファスナー

ラウンドファスナータイプは財布を囲むファスナーが特徴的なタイプです。ファスナーはコの字型に開き、開閉すると中身がわかりやすく取り出しやすいのがメリットです。

きっちりとファスナーを終端まで留めれば完全に閉じられます。折りたたみタイプと違いバッグの中で開いて中身が散らばってしまう…なんてことはありません。

マチ部分も大きく、見た目以上の収納力を持っていることも多いです。ただし中身を詰めすぎるとファスナー部分に負担がかかる場合もあるため、詰め込み過ぎには注意が必要です。


L字ファスナー

ラウンドファスナーとは対照的に、ファスナー部分がL字になっているのがL字型ファスナーです。

最大の違いはファスナーが短いために開閉がスムーズという点。マチがない上に一辺が留められているので取り出しづらいように思えますが、想像以上に開口部が広いです。

マチがないというのは財布自体が薄くなるという点でも利点になります。ラウンドファスナータイプよりもコンパクトなものが多いタイプです。


 小さい財布の選び方のポイントは? 

悩んでいる女性

小さい財布にも様々なタイプがあるということがわかりました。では、本格的に小さい財布を選ぶとなればどんな点に気をつけると良いのでしょうか?

ポイントは3つあります。1つずつチェックしてみましょう。


小銭が出しやすいかどうかチェック

 

まずは小銭が取り出しやすいかどうかです。ファスナータイプは特に気をつける必要があるでしょう。

二つ折りタイプと三つ折りタイプはがま口であることが多いですが、ファスナータイプやコインケース部分がファスナーになっている場合は引っかかりがないかを確認してみてくださいね。

コインケース部分の開きやすさや小銭の探しやすさなど、ご自身にとって使いやすいか考えながら選んでみるのがおすすめです。

まずはコインケースがどれくらい開くのか、取り出しやすいのかどうかもチェックしてみましょう。


お札を折らずに入れられるかどうかチェック 

小さい財布のデメリットとして、お札がまっすぐ入らないという点が挙げられます。一番お札がよれにくいのは二つ折りタイプです。

どちらのタイプでもお札に多少の曲がり痕がついてしまうことはあります

また、ファスナータイプなどお札入れがついていないタイプはお札を折って入れる必要があります。

お札を綺麗に持ち歩きたい方は、お札入れタイプの薄型長財布を持ち歩くことも検討してみてみてはいかがでしょうか。


カードの収納枚数をチェック

 

もし小さい財布だけで生活するのであれば、カードの収納枚数も重要です。もしカードをあまり持ち歩かないのであれば特に気にする必要はないかもしれません

診察券などのカードを持ち歩く機会が多い方であれば、カードケースを持ち歩くという選択肢もあります。

少なくとも1枚~4枚ほどのICカードが最低限入るくらいの収納力だと普段使いでも安心ではないでしょうか。


小さい財布がおすすめの人は?

バッグから財布を取り出す女性

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

長財布と同じように、小さい財布がライフスタイルに合っている人もいます。小さい財布は、どんなライフスタイルの人におすすめなのでしょうか?


ミニマリスト

自分がいつも持ち歩くものや、身の回りのものを少なくしたいというミニマリストには、まさに小さい財布がぴったりです。小さい財布なら荷物も少なく軽く済みます。

財布とスマホだけで出かけたい!という身軽志向な人にもおすすめです。

また、小さい財布は中に入れるカードやお札の数も少ないので、元々あまり財布に詰め込まない人にはぴったりでしょう。


小さいバッグを愛用している人

長財布を使っているとありがちな悩みが、小さめのバッグにすると財布が入らないということです。しかし、小さい財布であればその悩みは解消されます。

小さめのハンドバッグでも、小さい財布ならスッポリ収まります。バッグの大きさを財布に合わせて選ぶという悩みから解放されるのは嬉しいですね。


キャッシュレス派の人

スマホ決済やカード決済が多く、あまり現金を持ち歩かない人にも小さい財布はおすすめです。

お札入れも必要のない方には、L字ファスナータイプが便利かと思います。ただし、もしものときのために最低限の現金を持ち歩いておくことは必要です。

だからこそ小さい財布にすると、コンパクトに持ち歩けるようになります。キャッシュレス派の人にも非常におすすめです。


小さい財布はサブの財布としてもおすすめ

キキ(ミニL字財布)

※こちらの商品は姉妹ブランドILEMER(イルメール)の商品になります

 小さい財布は、その形状からどうしてもお札が曲がったりよれたりしてしまう傾向にありますそれを避けるため長財布を愛用している人は多いかもしれません。

しかし、長財布も詰め込みすぎたまま長年使っていると段々と分厚くなってしまうことがあります。

そういう人にこそ、小さい財布がおすすめです。カードやお札は長財布に入れ、小銭やICカードを小さい財布に入れれば長財布自体が厚くなるのを防げます。

スマートなままで長財布を使用できるので、バッグの中も整理整頓できます。中でもおすすめなのが、ATAO(アタオ)の姉妹ブランドであるILEMER(イルメール)のミニ財布「キキ」です。

「キキ」は、コインケースは外側についており、マチつきで開きやすく取り出しやすいのが特徴。もう1つのポケットには鍵をつけられるチェーンつきです。

サブ財布としても、キーケースとしても役立つのは嬉しいですね。

 

▼画像の商品はこちら▼

キキ(ミニL字財布)

9,000円(税込9,900円)

※こちらの商品は姉妹ブランドILEMER(イルメール)の商品になります

 

小さい財布で身軽にお出かけしよう!

PAL(パル)/トラベルパリ※こちらの商品は姉妹ブランドIANNE(イアンヌ)の商品になります

小さい財布の最大のメリットは、持ち物がシンプルになるということです。小さいバッグにスマホと財布だけを入れて出かけることもできます。

長財布を使っているとバッグの大きさを選ばなければいけないので、バッグの選択肢も狭まってしまうかもしれません。しかし、小さい財布ならバッグを選びません

キャッシュレス決済が浸透し、財布にあまり収納力を求めなくなったなら小さい財布に変えてみるのはいかがでしょうか。

例えば、ATAO(アタオ)の姉妹ブランドIANNE(イアンヌ)の「PAL(パル)」はL字ファスナータイプながら二つ折りタイプという特殊な構造をしています。

お札6枚・コイン15枚・カード5枚入れても余裕がある収納力なので、日常使いにはぴったりです。もうあまり収納力を求めない人でもいつでもお持ちいただける財布です。

小さい財布には様々なタイプがあります。身軽にお出かけしたい方は、この機会に小さい財布に変えてみるのもいかがでしょうか?

 

▼画像の商品はこちら▼

PAL(パル)/トラベルパリ

30,000円(税込33,000円)

※こちらの商品は姉妹ブランドIANNE(イアンヌ)の商品になります

 

使いやすいおすすめの小さいサイズを探しているなら

ベル/キーケース+ミニ財布

もし使いやすい小さいサイズの財布を探しているのなら、ATAO(アタオ)で探してみてはいかがでしょうか。

ATAO(アタオ)といえば長財布やバッグというイメージがあるかもしれません。しかし、その高品質を活かした小さい財布は長財布に引けを取らない収納力を誇っています。

もちろん、コインケースとしてのみ使いたい方にもおすすめの小さい財布があります。ぜひATAO(アタオ)で、自分のライフスタイルにぴったりの財布を探してみてください。

 

ATAO(アタオ)の財布を探してみる

 

▼画像の商品はこちら▼

ベル/キーケース+ミニ財布

15,000円(税込16,500円)