肩掛けのウエストバッグが欲しい!満足できる選び方のポイントや活用シーンをご紹介します

ホリデー

コンパクトなのに意外と容量がある「ウエストバッグ」。コーデ次第で印象も変わるアイテムなだけに、選び方のポイントを押さえたいところです。

そこで今回は満足できる肩掛けのウエストバッグの選び方をご紹介します。

また、肩掛けのウエストバッグの活用シーンも合わせてご紹介するので、イメージしながらぜひ参考にしてみてください。

すてきな肩掛けのウエストバッグでコーデもおでかけも楽しみましょう。


肩掛けのウエストバッグが大人気

ルイーズ

※こちらの商品は姉妹ブランドIANNE(イアンヌ)の商品になります

腰に巻いて使うのが主流だったウエストバッグ。最近はショルダー部分を長めにし、ボディバッグのようにして着用することが流行っています。

とくに肩掛けのウエストバッグは普段使いはもちろん、アクティビティなどの動きがあるときもおしゃれに着用することができます。

また老若男女問わず着用できる点も嬉しいです。


▼画像の商品はこちら▼

ルイーズ

ルイーズ

22,000円(税込24,200円)

※こちらの商品は姉妹ブランドIANNE(イアンヌ)の商品になります


肩掛けのウエストバッグが人気の理由

チョウチン(S)・パステル

※こちらの商品は姉妹ブランドStrawberryMe(ストロベリーミー)の商品になります

ウエストバッグはただ流行っているという理由だけで人気というわけではありません。ほかにも魅力的な理由がウエストバッグにはあります。


▼画像の商品はこちら▼

チョウチン(S)・パステル

15,000円円(税込16,500円)

※こちらの商品は姉妹ブランドStrawberryMe(ストロベリーミー)の商品になります


■おしゃれ

ウエストバッグは種類が豊富です。シンプルなデザインのものからデザイン性の高いもの、撥水加工や汚れがつきにくいなど、素材にこだわったものまであります。

デザインや素材の違いを活かせばトータルコーディネートのアクセントになり、おしゃれなファッションアイテムとして活躍しますよ。

付け方も肩掛けや斜め掛けとコーデの雰囲気に合わせることで、あなただけのおしゃれを楽しむことができます。

ただ荷物を入れるだけのものではありません。ウエストバッグも立派なコーデのひとつとして重要な役割を担っています。


■バッグの中身が確認しやすい

スマホの入ったかばん

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

ウエストバッグは外出時に必要なものが入るコンパクトなものが多いため、バッグの中で探したいものを見つけやすいというメリットがあります。

また、ウエストバッグは肩に掛けることでよく見える位置にバッグがくるため、中身を確認しやすいです。

胸のあたりにバッグがくることでバッグをおろすという動作がないため、スムーズにものを取ることができます。


■コーデがマンネリ化しない

ウエストバッグを使ったコーデでマンネリを防ぐことができます。どんなコーデにもマッチするので、雰囲気を変えたいときのアイテムにぴったりです。

たとえば、ジャケットなどを羽織るとキレイ目コーデに。また、肩掛けスタイルでウエストバッグを合わせてもしっくりした雰囲気に。

スカートコーデにウエストバッグを合わせれば、甘さを抑えた上品コーデにもなります。


満足できる肩掛けのウエストバッグの選び方をご紹介

PULAPULA

※こちらの商品は姉妹ブランドILEMER(イルメール)の商品になります

​​ひと言で「ウエストバッグ」といってもさまざまあり、自分にぴったりのものを見つけるにも何かヒントがあれば……と思いますよね。

どのような点に重点を置き、選べば良いのでしょうか。ウエストバッグを選ぶときは、これからご紹介する3つのポイントに注目してみてください。


▼画像の商品はこちら▼

PULAPULA

5,800円(税込6,380円)

※こちらの商品は姉妹ブランドIANNE(イルメール)の商品になります


■大きさ

お財布やスマホ、キーケース、350mlのペットボトルなど、ちょっとしたおでかけもできる大きさのものがおすすめです。

ある程度入るほうがウエストバッグの良さである両手を空けることができます。とくにスポーツや運動をする人はこのくらい入るものが良いでしょう。

バッグ部分もそこまで大きいわけではないため、小柄な女性や男性が肩掛けをしてもおしゃれに着用することができます。


■素材

ナイロンやレザーなどさまざまな素材がある中、普段使いにはナイロン素材がおすすめ。シーンをあまり選ばない上、持ち歩きやすいです。

さらに汚れてもメンテナンスしやすいのは嬉しいポイントに。使う頻度が多ければ、汗やホコリなどの汚れやお洋服とのスレなどでどうしても汚れやすくなってしまいます。

しかし、ナイロン素材であれば多少の汚れなら簡単にお手入れもできるため、清潔できれいな状態を保ちやすいでしょう。

また、ナイロン素材は軽量な上、コンパクトにもなるためサブバッグとしても重宝。旅行やフェス、お子様とのお出掛けなど身軽に行動したいときにもちょうど良いです。


■デザイン

ルイーズ

※こちらの商品は姉妹ブランドIANNE(イアンヌ)​​の商品になります

シンプルな無地のデザインから迷彩柄、カラフルなデザインなどさまざまあります。初めてウエストバッグを購入するのであれば、シンプルな無地のデザインのものも良いでしょう。

シンプルなためコーデしやすい上、ほかのファッションにアクセントをつけてくれます。

形状は横型・縦型・サコッシュ型などがあり、荷物が多く入り取り出しやすいのは横型です。

カラーはご自身のお好きなカラーにすることをおすすめします。もし迷うのであれば、オールマイティーなブラックを選んでみるのもひとつです

ATAO(アタオ)の姉妹ブランドIANNE(イアンヌ)​​ではブラックカラーのシンプルウエストバッグなどもお取り扱いしています。

中でもルイーズはひもの長さを自由に調節可能です。

ひもを短くするとサコッシュ風バッグになり、スタイルアップにもつながります。ぜひお手にとってご覧くださいね。


ATAO(アタオ)​​のバッグを見てみる

 

▼画像の商品はこちら▼

ルイーズ

22,000円(税込24,200円)

※こちらの商品は姉妹ブランドIANNE(イアンヌ)の商品になります


肩掛けのウエストバッグの価格帯

SANPO(サンポ)

※こちらの商品は姉妹ブランドStrawberryMe(ストロベリーミー)の商品になります

おしゃれな上、便利で機能的なウエストバッグですが、どのくらいの価格で購入できるのでしょうか。一般的なウエストバッグの価格帯はおよそ5,000円前後とされています。

レザー素材など素材の良いものやデザイン性の高いもの、ハイブランドのものであれば、10,000円以上となり、一般的なものと比較するとお値段は少し高くなるかもしれません。

しかし、使うシーンによって使い分けるとなど、バッグが長持ちできる工夫をしてみると良いですよ。


▼画像の商品はこちら▼

SANPO(サンポ)

12,000円(税込13,200円)

※こちらの商品は姉妹ブランドStrawberryMe(ストロベリーミー)の商品になります


肩掛けのウエストバッグの活用シーンをズバリ

SANPO(サンポ)・SAKURA

※こちらの商品は姉妹ブランドStrawberryMe(ストロベリーミー)の商品になります

肩掛けのウエストバッグはコンパクトなものが多いため、幅広いシーンで活躍します。

どのようなシーンで活躍するのか、具体的にご紹介しますのでぜひご参考にしてみてくださいね。


▼画像の商品はこちら▼

SANPO(サンポ)・SAKURA

12,000円(税込13,200円)

※こちらの商品は姉妹ブランドStrawberryMe(ストロベリーミー)の商品になります


■散歩

お散歩などの運動時には両手の空くウエストバッグは大活躍します。ペットボトルやタオルを入れることができるため、バッグを手で持つ必要もありません。

また、肩掛けの場合、体を動かしてもバッグがズレることがないため、邪魔にならない位置にバッグを直す動作も少ないです。

お散歩など運動しているとき、手に荷物があると不便です。肩に掛けたり、ウエストバッグを背中や胸のあたりにあれば、邪魔になることなく自由に動けます。


■お子様とのお出掛け

子供とのお出かけ

両手の空くウエストバッグはお子様とのお出掛けに最適です。両手が空くことにより、お子様としっかり手をつなげるだけでなく、抱っこをすることもできます。

また、お子様の荷物をバッグから出すとき、バッグをおろすという動作をしなくて良いため、スムーズに取り出すことが可能です。

両手の空くリュックサックも活躍します。しかし、荷物を取るときの面倒くささや重たくなる点を考えるとウエストバッグはメリットが多いです。


■近くまでの買い物

お出掛けに必要な荷物が入るウエストバッグは近くまでのお買い物にも便利です。両手がふさがらず、コンパクトなので邪魔になりません。

大きな商品を手に取るときも身軽に動くことができます。

また、コーデがラフであってもウエストバッグを着用することで、全体的に雰囲気が引き締まります。身軽さだけでなく、コーデの雰囲気まで良くするためご近所でのお買い物にもおすすめです。

ATAO(アタオ)​​では、ちょっとした買い物にぴったりな様々なバッグをご用意しています。ぜひご覧くださいね。

ATAO(アタオ)​​のバッグを見てみる

 

■旅行

荷物が多くなりがちな旅行にもおすすめです。貴重品や切符などをウエストバッグに入れておけば、スーツケースのみホテルに預けても安心して外出することができます。

散策したいときは貴重品を入れたウエストバッグを持っていくだけ。必要なものだけを収納できて、身軽なのでとても楽です。

せっかく旅行に来たにもかかわらず、手荷物が重いと移動も大変になってしまいますよね。思い切り楽しむためにも、旅のお供にウエストバッグがあると便利です。

また、ウエストバッグは折りたたむことができるものやそのままバッグの中にしまえるコンパクトなものもあるため、サブバッグとしてスーツケースに入れておくこともできます。


肩掛けのウエストバッグでワンランク上のおしゃれを楽しむ方法

ホリデー

肩掛けとしても十分おしゃれではありますが、手提げ風やベルト風として着用する方法もおすすめです。あえてウエストバッグを手に持つことで、手元のアクセントになります。

ベルト風としてウエストバッグを着用するなら、デザイン性のものやカラーものにすると全体のコーデのアクセントに。大人かっこいい雰囲気に変えることができます。

ただ服の上にウエストバッグを付けるのではなく、ベルト風にするところがおしゃれポイント。メリハリがほしいときや自分らしさを出したいときにもおすすめです。

ぜひ手提げ風やベルト風にウエストバッグを着用したり、上からジャケットを羽織ったりして、ワンランク上のおしゃれを楽しみませんか。


ATAO(アタオ)​​のバッグを見てみる

 

▼画像の商品はこちら▼

ホリデー

35,000円(税込38,500円)


自分にぴったりのウエストバッグが欲しいなら

COROCORO・ストリート(ボディバッグ)

※こちらの商品は姉妹ブランドILEMER(イルメール)の商品になります

ここまで選び方や活用できるシーン別にご紹介しましたが、どのようなウエストバッグがあるのか気になる方もいるでしょう。

今回はシンプルなデザインのILEMER(イルメール)の「COROCORO・ストリート(ボディバッグ)」をご紹介します。

ATAO(アタオ)の姉妹ブランドであるILEMER(イルメール)から誕生したウエストバッグです。

ILEMER(イルメール)の中では辛口テイストになるものの、そこには幅広い方に手を取ってもらいたいという願いが込められています。

装飾がなくシンプルなデザインになっているため、持ちやすくお持ちの服装と合わせやすいです。タウンユースはもちろん、アウトドアなどアクティブなシーンでも大活躍。

ボディバッグやウエストポーチ・サコッシュ・肩掛け・手提げ風など、さまざまな持ち方ができるのも魅力的です。

持ち方ひとつで雰囲気が変わり、気分やコーデに合わせて自由な持ち方ができるCOROCORO・ストリート(ボディバッグ)で毎日を楽しみましょう。

カラー展開はブラックとアーミー柄になり、男性とも共有できます。初めてウエストバッグを購入する方・シンプルなものをお求め方・シーンを選ばず使いたい方にもおすすめです。

このほかにも、ATAO(アタオ)にはさまざまなシーンにマッチするウエストバッグを取り揃えております。どのバッグにも良さがあるので、ぜひご覧になってくださいね。


他にも魅力がたくさん詰まったATAO(アタオ)のバッグを見てみる

 

▼画像の商品はこちら▼

COROCORO・ストリート(ボディバッグ)

6,300円(税込6,930円)

※こちらの商品は姉妹ブランドILEMER(イルメール)の商品になります


ウエストバッグでいろいろなおしゃれを楽しもう!

SANPO(サンポ)

※こちらの商品は姉妹ブランドStrawberryMe(ストロベリーミー)の商品になります

ウエストバッグの魅力についてご紹介しました。

“ウエスト”と付いてはいるものの、ウエストバッグは肩に掛けたり、斜めに掛けたり、手に持ったりとさまざまな着用の仕方ができます。その上、使いやすく収納性にも優れています。

どのような持ち方をしてもおしゃれに見せることができるため、さまざまな着用方法でウエストバッグを思う存分楽しんでみてくださいね。


ATAO(アタオ)​​のバッグを見てみる

 

▼画像の商品はこちら▼

SANPO(サンポ)・SAKURA

12,000円(税込13,200円)

※こちらの商品は姉妹ブランドStrawberryMe(ストロベリーミー)の商品になります