お気に入りの財布、何年使う?財布の買い替えどきや新しい財布を選ぶポイントも詳しく解説します

slimo(スリモ)・パイソン

「ものはできるだけ長く使いたい」というのは多くの人に共通する考えです。

しかし、ものには寿命が存在するため、いずれ新しいものに買い替える必要が出てきます。

ものによって寿命は異なりますが、今回は「財布」についての買い替えどきや新しい財布を選ぶポイントも詳しく解説していきます。

財布を新しくする場合は、是非参考にしてみてくださいね。


お気に入りの財布、何年使う?

slimo(スリモ)パウダーパイソン

自分が気に入って手に入れた財布は、10年使えるのかそれとも1年~2年程しか使うことができないのか気になるところです。

風水的な考え方では、財布の状態が悪くなると金運が下がり始めるといわれているため、使える状態でも定期的に新調する必要があるかもしれません。

風水を気にしないということであれば、壊れるまで使いきるというケースもあるので、何年使うかは個々の考え方によって異なります。

綺麗な状態で長く1つの財布を使うときに心がけなければいけないことは、きちんとメンテナンスを行うという部分です。

メンテナンスを行わないと、もっと長く使えるはずなのに1年しか使えなかったということも起こりうるため、何年使うにしても状態が悪くなってきたと感じたら運気が下がらないように手入れはしっかり行うことが必要です。

 

どのような財布があるかチェックする

  

▼画像の商品はこちら▼

slimo(スリモ)パウダーパイソン/ホワイトベージュ

29,000円(税込31,900円)

 

そもそも財布は何年使える?

アミュレット・ヴィトロ

財布は外出の時など常に持ち歩くものですから、消耗品であるといえます。

いくら大切に扱っていても、革の表面がはがれ落ちてくる・ひび割れしてくるなどの症状がでてくるものです。

財布は、使っている革の種類によって使える期間が異なります。

財布の革が本革合成皮革の場合で寿命がどのくらい異なるのかを説明します。

 

▼画像の商品はこちら▼

アミュレット・ヴィトロ

36,000円(税込39,600円)

 

■本革の場合

本革の財布は気候や使用頻度・使い方によって個人差はありますが、合成皮革よりは長く使用できるものが多いようです。

本革はワニやヘビなどの動物の皮を使用しており、加工によっては堅牢度に優れた財布も多数存在します。

こまめなお手入れやメンテナンスをしてあげることで、より長く愛着をもって使い続けることができますよ。

耐久性があるため破れにくいなどのメリットがある反面、耐水性が低いことやシミになったり沢山入れすぎると型くずれしてしまう事もあるというデメリットがあります。

1つのものを長く使うためには、ただ持っているだけではなくひと手間を惜しまないことが大切です。

また、時間とともに革の艶や深みが増していく『経年変化(エイジング)』を楽しめるのも本革の魅力の一つです。

 

■合成皮革の場合

合成皮革の財布の寿命は、平均3年といわれていますが、使い方やメンテナンス状況によっては寿命が変わります。

合成皮革の財布のベースは繊維でコーティングに樹脂を使っているので、軽量で安価で手に入れることができるものが多いほか、耐水性があり油分や水分を弾く特徴を持っています。

しかし、耐久性が低い・劣化しやすくひび割れが起きやすいなどのデメリットも存在するのです。

流行のデザインの財布を持ちたい・短期間で財布を買い替えるという場合は、合成皮革の財布でも使いやすいかもしれません。

 

こんな財布は買い替えどき

limo(リモ)・クロコ

気に入っているものをできるだけ長く使いたいと思うのは自然なことです。

もう少し使いたいが、不都合を感じる・状態が悪くなってきたなどさまざまな理由により買い替えを検討することがあるかもしれません。

ここでは財布の買い替えどきについて4つのケースを例に挙げて説明していきますので、迷っている場合の1つの検討材料としてみてくださいね。

 

▼画像の商品はこちら▼

limo(リモ)・クロコ

78,000円(税込85,800円)

 

■金具類が壊れてしまった

ボールチェーンファスナー

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

財布にはチェーンやファスナーなど金具がついているものがありますが、ここが壊れてしまうと使い勝手が悪くなってしまいますよね。

壊れても支障が出ないケースは稀で、多くの場合、小銭がこぼれる・お札がとりだせないなどストレスになりかねないほどの事態となる場合も・・。

外出時に現金などが安全・確実に持てないようであれば、買い替え時期であると考えても良いでしょう。

ATAO(アタオ)の財布なら長くご愛用いただきたいという思いからアフターサービスとしてお修理ができる場合もございます。

素材に関するお修理は難しいですが、金具類のお修理はお受けできることもあるため気軽にご相談くださいね。

 

■乾燥してひび割れている

財布などで使われている革製品は、湿度が高い環境でも乾燥している環境でも影響を受けやすいため、保管環境によっては、ひび割れなどのリスクが高まる可能性があります。

ひび割れなどは人間の肌と同じく、湿気が無さすぎることにより引き起こされるので、乾燥に対するケアが必要となります。

せっかくケアを行っていてもひび割れが目立つのであれば、買い替え時期であると認識しても良いでしょう。

ただし皮革の場合なら、革専用のクリームなどを使用すれば定期的に保湿ケアができる場合もあるのでお近くの革製品のお店で相談してみるのもおすすめです。

※ケア剤は正しい用法容量・素材表記を確認の上ご使用ください。

 

■色落ちがひどい

財布のみならず、革製品は使い続けるうちに自然に色合いが変わってきます

革製品ならではの良さは、革独特のツヤや光沢を楽しむことができ、深い味が出てくるところにあります。

しかし、年数が経つと合皮の場合は耐久性が低いために、汚れにみえる変色の仕方や色落ちが徐々に目立ってくる場合があります。

色落ちや汚れのような変色が気になる場合は、革専用のクリームを使ってケアをしてみることもおすすめです。

ケアをしても色落ちや変色に変化が見られない場合は、財布の取り換え時期であるという判断ができます。

 

■角擦れしたり変形したりしている

本革でも合皮でも、使い続けていると角擦れを起こしたり、二つ折り財布に関しては折り皺が目立ち変形するケースがあります。

革の種類によっては良い味を出すこともありますが、劣化と考えられるケースもあり、財布の修繕をするか否かを判断しなければならないかもしれません。

角擦れを修繕する方法はありますが、角擦れや変形が進むと専門店でなければ修繕することができず、費用が高くなるケースも考えられます。

角擦れや変形が生じた際は、交換時期と捉えるか、修繕しながら使い続けるか、検討していただくのが良いでしょう。

 

ATAO(アタオ)で堅牢な素材の財布を見つけることができます

 

財布を長く使いたいならこんなことに気をつけて

限定「ヴィトロ・アースラベンダー」(slimo(スリモ)/limo(リモ))

自分が気に入った財布を手に入れたら、少しでも長く使いたいと思うものです。財布は日常的に持ち歩くものですので、使い続けると消耗していきます。

お気に入りの財布を長く使うためには、気をつけていただきたいポイントがあります。

3つのポイントを挙げて説明していきますので、長く財布を使うために参考にしていただき、是非実践してみてください。

 

▼画像の商品はこちら▼

限定「ヴィトロ・アースラベンダー」(slimo/limo)

27,000円(税込29,700円)/30,000円(税込33,000円)

 

■お手入れは欠かさずに

天然の革で作られた財布は、長く使うためには定期的なケアが必要です。

人間と同じように財布も潤いを失ってしまうと、カサカサして傷がついてしまうことがあります。

傷がつくことを防ぐためには、革専用のクリームを使用して定期的にケアをするのがおすすめです。

ケアを行うと、ツヤをキープしながら劣化を防げるため、結果的に財布の寿命が延びることにつながるのです。

 

■保管場所にも注意して

革を使った製品が数多くありますが、本革は耐久性があるものの湿気には弱いという特徴があります。

湿気が多い場所での保管は、シミや型崩れなど財布にとってマイナスの症状が起きやすく、長く使うことができません。

従って、梅雨の時期や夏は湿気が溜まりやすい場所での保管は避けましょう。

革財布を長く使うには、梅雨の時期や夏に財布をどういう風に扱うかがポイントであり、保管場所に注意することは最もシンプルながら非常に気をつかうところかもしれません。

 

■詰め込み過ぎは禁物

財布の整理

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

湿気などでも型崩れや変形を起こしますが、財布の型崩れを起こす原因の1つとしてカード類などの詰め込みすぎが挙げられます。

カード類やレシートなど中身を詰め込んだままでいると、財布がパンパンに膨らむことにより革が伸びてしまい変形や型崩れが起きやすくなるのです。

変形や型崩れに伴い、ひび割れなどが発生し財布の寿命を短くしてしまう可能性もあるため、中身を定期的に整理することは財布を長く愛用していただくために必要なポイントといえます。

 

新しい財布にチェンジするならタイミングにこだわりたい

slimo(スリモ)ヴィトロ/大聖堂のステンドグラスがイメージのレザー

新しい財布を購入するときには、風水を気にする人も多いでしょう。

また、壊れたタイミングで財布を新調するという人もいるでしょう。

考え方は人それぞれですが、新しい財布を購入するタイミングにこだわる場合、縁起の面から見てどのタイミングが最適なのかをいくつか取り上げていきます。

 

▼画像の商品はこちら▼

slimo(スリモ)ヴィトロ/大聖堂のステンドグラスがイメージのレザー

27,000円(税込29,700円)

 

■大安

大安はカレンダーでもよく目にしますが、縁起が良いとされ、結婚や入籍は大安の日を狙って行われることが多いです。

縁起の良い大安では、財布を買い替えるのにも良いとされています。

 

■一粒万倍日

金運アップのイメージ

※こちらの商品はATAO(アタオ)の商品ではございません

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は一粒のモミから万倍の米が実ることを意味する言葉で、金運について良い日とされています。

 

■暦の上での春

暦の上で立春とよばれる2月4日から4月20日が財布の買い替えに良いタイミングとされています。

春財布(張る財布)といわれており、財布の中身がいっぱいになるので縁起が良いと考えられています。

 

■暦の上での秋

暦の上での秋は、秋分である9月23日から11月23日あたりのことを指します。

秋の財布は、実りの秋からくる「実りの財布」とよばれており縁起が良いとされているのです。

ここまで、わかりやすい4つの縁起の良い日を挙げて説明してきました。その他、天赦日(てんしゃにち)寅の日など財布の買い替えに良いといわれる日があります。

タイミングにこだわる場合は、いつが縁起の良い日なのかを調べて、その日に合わせて財布を新しく替えると良いでしょう。

 

新しい財布を選ぶときに押さえておきたいポイントは?

slimo(スリモ)・クロコ

財布を買い替える時に、重要視するポイントは人によって異なります。

デザインを重視する・長く使える財布を使いたいなどさまざまなポイントがあります。

新しい財布を選ぶときに、是非とも押さえていただきたい2つのポイントがありますので参考にしてみてくださいね。

 

▼画像の商品はこちら▼

slimo(スリモ)・クロコ

68,000円(税込74,800円)

 

■素材が上質

新しい財布を選ぶ際の1つ目のポイントは、長期間の使用に耐えることができる財布であるかどうかです。

長期間使うことを考える場合は、素材は革を選ぶケースが多いですが、革の種類によっては傷の付きやすさや耐久性など特徴が異なります。

財布を長期間使うには、堅牢な素材で傷がつきにくく耐久性があるものを選ぶと良いでしょう。

革のほか、ビニールが素材となっている財布がありますが、何年も使うことを念頭に置く場合は上質な素材を使っている財布を選ぶことがおすすめです。

 

■構造がしっかりしている

財布を選ぶ際の2つ目のポイントとして、構造がしっかりしている財布を選ぶことが挙げられます。

構造がしっかりしているものといわれてもなかなかイメージがつかないかもしれません。

財布の構造について簡単に見分けられる部分は、財布のコバ(木端)といわれる部分です。コバという部分は、財布の端のことを指しています。

革の断面が木目のように見えるためコバ(木端)といわれるようになった説がありますが、見た目の美しさのほか、耐久性や強度を示す部分でもあります。

構造がしっかりした財布を使いたいと考えている場合は、このコバの部分を見てみるとわかりやすいかもしれません。

 

ATAO(アタオ)でお気に入りの財布を見つけられます

 

長く使える財布を探しているなら

 slimo(スリモ)ヴィトロ・アンティークルビー

財布には多くのバリエーションがあり、どのような財布を選ぶか迷ってしまうかもしれません。気に入った財布を手に入れたら、できるだけ長く使いたいものです。

長く使いたい財布を選ぶとき、人によって条件が異なるため、なかなか自分に合った財布が見つからない可能性があります。

その場合は、豊富な種類が揃っているATAO(アタオ)の財布をチェックしてみてください。好みのデザインで長く愛用したくなる財布がきっと見つかります。

 

ATAOの財布をチェック!

 

▼画像の商品はこちら▼

slimo(スリモ)ヴィトロ・アンティークルビー

27,000円(税込29,700円)

 

何年も使いたくなるお気に入りの財布を見つけよう

【限定】limo(リモ)パイソン・バイカラー

財布は年中無休で動き続けてくれる働き者です。1度財布を購入すると、長い間共に行動することになります。

何年も使い続けることになりますので、自分が求めている条件に合った財布を持ちたいところです。

デザインや使いやすさなど、ATAO(アタオ)で自分に合った財布を探してみてください。

 

ATAO(アタオ)の財布を見てみる

 

▼こちらの画像で使用されている商品はこちら▼

【限定】limoパイソン・バイカラー

33,000円(税込36,300円)